メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ラジオ体操が菅・バイデンに勝った!──カットできない朝6時半

野菜さらだ コラムニスト/言語聴覚士

 4月17日の土曜日の朝6時、いつも通りに、コロナ禍のおかげですっかり日課になった散歩に出た。片耳から聞こえてくるNHKラジオ第1放送、これもいつも通りだ。土曜日は、6:15頃に楽しみにしているコーナー「サエキけんぞうの素晴らしき20世紀ポップ」もある。歩きだして間もなく、「それでは、日米首脳共同声明を……」と首相就任後、初めてアメリカを訪問している菅総理とバイデン大統領のライブでの共同声明がいきなり同時通訳で始まった。

 「あら!」と思って、そのまま歩く。いつも予定されている番組プログラムというプログラムが全部吹き飛んで(語義通り、決まった時間に流れる天気予報も交通情報も何もかも吹き飛んだ)、声明放送が続く。「えええ??」。私が楽しみにしていたコーナーも何の説明もなく、なくなった。「このまま、6時半のラジオ体操もなくなるのか……」と段々不安になってきた。そう、モーニングコーヒーのお楽しみ(「セルフレジ、自転車置き場、ネット銀行……客のミニバイトが始まっている」)の前には、「ラジオ体操」を行うのも常だからだ。

 そのときがやってきた。6時半。何事もなかったかのように「いつも通り」ラジオ体操が始まった。これには、逆にびっくりした。「え? え?」そう思いながら、それならば、と私もいつも通りラジオ体操を行った。

千里ニュータウンの公園で毎朝行われているラジオ体操。「朝だけが生きがいです」と話す人もいた=2020年5月9日午前6時31分、大阪府豊中市拡大大阪府豊中市の千里ニュータウンの公園で

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

野菜さらだ

野菜さらだ(やさいさらだ) コラムニスト/言語聴覚士

本名・三田地真実(星槎大学大学院教育学研究科教授) 教員、言語聴覚士として勤務後、渡米。米国オレゴン大学教育学部博士課程修了(Ph.D.)。専門は応用行動分析学・ファシリテーション論。2016年からオンライン会議システムを使ったワークショップや授業を精力的に行っている。著書に『保護者と先生のための応用行動分析入門ハンドブック』など。教育雑誌連載と連動した 「教職いろはがるた」の動画配信中!

野菜さらだの記事

もっと見る