メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「おちょやん」が不完全燃焼だったのは、浪花千栄子の執念から逃げたから

矢部万紀子 コラムニスト

 千代が鶴亀新喜劇の舞台に復帰した。それを見た養子の春子が、看護師になると誓った。それが最終回だった。復帰→看護師。わかるような、わからないような……。朝ドラ「おちょやん」はずっとそうだった。感情が揺さぶられるようで、揺さぶられない。そのまま最終回になり、最後に感じた疑問がこれ。不完全燃焼。

 復帰の舞台は、千代(杉咲花)と座長である天海一平(成田凌)の十八番「お家はんと直どん」だった。一緒になると約束したのにすれ違い、別々な人生を歩んだお嬢さんと丁稚が年をとって再会する。この演目が「舞台inドラマ」として繰り返されたのは、千代と一平に重なるから。一平と若い女優に子どもができ、2人は離婚した。傷心の千代は道頓堀を去り、別な人生を歩んでいた。でも最終回、1日限りだが復帰する。

 亡くなった父母と弟、道頓堀で世話になった人々、ラジオドラマの面々。みんなが見守る中、最後の場面で千代は台詞を付け足した。「直どん、生きるっちゅうのは、ほんまにしんどうて、おもろいなあ」。

朝ドラ「おちょやん」の主人公を演じる杉咲花=提供・NHK大阪放送局拡大「おちょやん」の最終回で舞台に復帰した竹井千代(杉咲花さん)=提供・NHK大阪放送局

 過去と現在がつながっての大団円。そこから場面が代わって、京都の家になった。月を見上げる千代と春子。そこで春子がこう言った。「あのなお母ちゃん、やっぱり私、看護婦さんになりたい。いや、なります」。

 なるほど苦労の多い人生だったけど、娘からそんな言葉をもらって、よかったね。そういう演出だとわかる。泣かせどころだろうが、まるで泣けない。代わりに浮かぶのは、「なぜ?」という疑問。「なりたい、いや、なります」と、小学生が突然の決意表明。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

矢部万紀子

矢部万紀子(やべ・まきこ) コラムニスト

1961年生まれ。83年、朝日新聞社に入社。宇都宮支局、学芸部を経て、週刊誌「アエラ」の創刊メンバーに。その後、経済部、「週刊朝日」などで記者をし、「週刊朝日」副編集長、「アエラ」編集長代理、書籍編集部長などをつとめる。「週刊朝日」時代に担当したコラムが松本人志著『遺書』『松本』となり、ミリオンセラーになる。2011年4月、いきいき株式会社(現「株式会社ハルメク」)に入社、同年6月から2017年7月まで、50代からの女性のための月刊生活情報誌「いきいき」(現「ハルメク」)編集長をつとめた後、退社、フリーランスに。著書に『美智子さまという奇跡』(幻冬舎新書)、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)。最新刊に『雅子さまの笑顔――生きづらさを超えて』(幻冬舎新書)

矢部万紀子の記事

もっと見る