メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

実録:沢村豊子師匠コロナ感染のてんまつ【上】

突然38.8度の熱が、あれほど注意していたのに……

玉川奈々福 浪曲師

着信履歴に血の気が引いた

 2021年8月20日、お昼の12時。

 私は池袋にいた。

 ジムで少し汗を流して、表に出て、携帯を開いてぎょっとした。

 着信履歴が、9回。

 私の三味線を弾いてくれている、沢村豊子師匠(84歳)の三番弟子、まみさんからの着信が8回。

 同じく曲師であり、亡きうちの師匠のおかみさんである玉川みね子師匠から1回。

 もう、ひとめ見て緊急事態である。

 それも、まみさんから8回ということは、豊子師匠の身に何かあったに違いないのだ。

拡大舞台で三味線を弾く沢村豊子=御堂義乗撮影
 膨大な着信履歴……15年前がフラッシュバックした。

 私の師匠、玉川福太郎が亡くなった日のことだ。

 午前中の会議を終えて、携帯を開いたら、みね子師匠と豊子師匠から、膨大な着信履歴が残っていた。

 ……あのときと同じ。

 血の気が引いた。

 まみさんからショートメールも届いている。開くと、

 「奈々福師匠、緊急です!豊子師匠が発熱しました!」

 嗚呼。

 留守録1件。みね子師匠だった。

 「お師匠さん(豊子師匠)がね、38度8分もあるんだよ。またかけます」

 まみさんに電話。

 豊子師匠は、美容院に行っている最中に「ぞくぞくするんだよ……」と訴えて、発熱発覚。幸運だったことは、そばにみね子師匠がいてくださったことだ。みね子師匠が、即、お弟子のまみさんに電話。まみさんが速攻で発熱外来を予約し、みね子師匠(ワクチン2回接種済)につきそわれて、まもなく病院に着くころだろうという。

 豊子師匠は平熱が低い人だ。その人が38.8度。

 尋常じゃない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

玉川奈々福

玉川奈々福(たまがわ・ななふく) 浪曲師

横浜市生まれ。出版社の編集者だった94年、たまたま新聞で浪曲教室のお知らせを見て、三味線を習い始め、翌年、玉川福太郎に入門。01年に曲師から浪曲師に転じ、06年、玉川奈々福の名披露目をする。04年に師匠である福太郎の「徹底天保水滸伝」連続公演をプロデュースして大成功させて以来、数々の公演を企画し、浪曲の魅力を広めてきた。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

玉川奈々福の記事

もっと見る