メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

必見! 『ONODA 一万夜を越えて』──反英雄の愚直な“30年戦争”

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 太平洋戦争末期の1944年、フィリピン・ルバング島に派遣され、終戦後も約30年間にわたり遊撃戦(ゲリラ戦)を続け、74年に日本に帰還した旧陸軍少尉、小野田寛郎(おのだ・ひろお:1922~2014)。「最後の日本兵」と呼ばれた彼の孤独な戦いを、フランスの新鋭監督アルチュール・アラリが映画化した。実話をベースにしつつも、アラリがユニークな着想によって脚色した傑作、『ONODA 一万夜を越えて』であるが、見事なのは、ジャングルで戦い続けた小野田の愚直なまでの一途さを、アラリが戯画として滑稽化するのでもなく、英雄として美化するのでもなく、いわば奇妙な“異人”を観察するような絶妙な距離感で描く点だ。

 よって観客も、日本の敗戦をかたくなに<否認>するかのように戦闘を継続する小野田に、あるときは感情移入し、あるときは違和感を覚えるが、ともかく174分間、彼の言動から一瞬たりとも目が離せない(ここで言う<否認>とは、なんらかの<認知のゆがみ>のせいで、客観的な事実を受け入れようとしない心の動きを指す精神分析学の用語)。

『ONODA 一万夜を越えて』 全国公開中 配給:エレファントハウス ©bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐ Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinéma拡大『ONODA 一万夜を越えて』 全国公開中 配給:エレファントハウス ©bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐ Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinéma

 なお青年期/前半の小野田を遠藤雄弥が、壮年期/後半の彼を津田寛治が演じるが、この二人一役のアイデアも効いている。着任後まもなく米軍の襲撃を受け、自らが率いる小隊を壊滅させられ動揺する若い小野田の内面を、感情の起伏が読み取りやすい演技で演じる遠藤雄弥。それに対し、少数の部下とともにルバング島で過酷なサバイバルを経験していく壮年期の小野田を、津田寛治はおおむね、感情の動きがわかりにくい無表情で演じる。そして小野田が、最後の部下にして戦友であった小塚金七上等兵(千葉哲也)を失い、無為と孤独に苦しめられ、次第に虚脱したような様子になる終盤においても、津田は小野田の内面を表す<顔の演技>を最小限にとどめる。

 この無表情(表情の零度)ゆえ、彼が慟哭(どうこく)するシーンはかえって観客の意表をつく。巧みな反=心理主義的な演技設計だが、映画ジャーナリスト・林瑞絵のインタビューの中で、アラリは意図的に顔の大仰な芝居による感情表現を避け、役者の顔に不用意にカメラを寄せずに、引きのショットの長回しを多用した、という意味の興味深い発言をしている(「『ONODA』アラリ監督に聞く~「小野田寛郎は神話を生きた複雑な人物」」論座)。フィルム・ノワール(犯罪ミステリー)の秀作『汚れたダイヤモンド』(2016)で長編デビューしたアラリの、類いまれな演出力にあらためて感服する。

©bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐ Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinéma拡大©bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐ Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinéma

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る