メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

体験的「レコードの魅力」(下)――CDやサブスクとは異なる“いい感じ”

クラシックの“沼”を楽しむ。基準は1枚につき200円まで

印南敦史 作家、書評家

“アレ”にハマってしまった!

 前回は、レコードにハマった私がたどってきた道筋をお伝えした。

 そこでも触れたように、初めてレコード(天地真理「若葉のささやき」)を購入したのは10歳のときだったので、もう50年近く買い続けてきたことになる。数々の失敗を繰り返してきたぶん“学び”は少ない気もするが、ともあれ長い年月をレコードとともに過ごしてきたわけだ。

 ただし、どれだけハマろうとも、絶対に手を出してはいけないと信じて疑わない領域があった。何十年も前から、「レコードで集めてみたいなあ」と思いはしていたものの、そこだけは意識的に避けていたのである。

 なにかといえば、クラシックである。私は(誇れるほどの知識はないにせよ)クラシックも好きで、中学生のころからおもにFMでよく聴いていた。だが、コレクションを始めるようになってからも(CDでは相当数を所有していたものの)、クラシックのレコードだけは買わないようにしていたのだ。

 理由はいたって単純。クラシック・レコードの世界は、一度ハマってしまったら抜け出せなくなる“沼”だと信じて疑わなかったからだ。ただでさえいろいろなジャンルのレコードが増えているというのに、クラシックにまで手を出したらキリがなくなる……。そんな思いを否定しきれなかったのである。

 それに、他のジャンルと違って、クラシックのレコードを最良の状態で再生するためには、相応のオーディオ・システムを組む必要があるのではないかという気持ちもどこかにあった。いまはDJをするために2台のターンテーブルをミキサーでつないでいるのだが、そういった機材でクラシックのレコードをかけることにもなんとなく抵抗感があった(勝手にかければいいのに)。

 ところが、結果的にはとうとうそこに入り込んでしまったのだ。入ってしまった結果、「これは必然だったのだな」と満足してもいるのだが。

Martin Bergsmashutterstock拡大Nagorny/Shutterstock.com

 きっかけになったのは、村上春樹さんの『古くて素敵なクラシック・レコードたち』(文藝春秋)という本だった。

 村上さんが、実際にお聴きになられてきたクラシックのレコードを“好きだ”という基準でチョイスし、それらについて解説した音楽エッセイである。

クラシック・レコードはどんなものを買うのか? 演奏家や作曲者が選択の基準になることはまあ当然だが、ジャケットが素敵なのでつい買ってしまうこともあるし、だた「安いから」という理由で買ってしまうこともある。ジャズの場合のように「この演奏家のものはコンプリートに蒐集しよう」みたいな系統的な目論見はない。行き当たりばったり、みたいに買い込むケースの方が多い。(「なぜアナログ・レコードなのか」より)

 たしかに、本書に登場するレコードは“歴史的名盤”ばかりではない。中古店で見つけた安いレコードでも、ピンとくれば購入しておられるようだ。そんな肩の力がいい具合に抜けたスタンスは、クラシックのレコードを買うことに対する私のさまざまな不安を払拭してくれた。

 早い話が「楽しそうだな」と感じ、“沼”であることを恐れるより前に、まず楽しんでしまえばいいのではないかと、当たり前すぎることにようやく気づかされたわけである。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

印南敦史

印南敦史(いんなみ・あつし) 作家、書評家

1962年、東京生まれ。広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、音楽雑誌の編集長を経て独立。「ダ・ヴィンチ」「ライフハッカー(日本版)」「東洋経済オンライン」「ニューズウィーク日本版」「サライ.JP」「WANI BOOKOUT」など、紙からウェブまで多くのメディアに寄稿。著書に『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)、『書評の仕事』 (ワニブックスPLUS新書)など多数。新刊に『遅読家のための読書術──情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(PHP文庫)、読書する家族のつくりかた──親子で本好きになる25のゲームメソッド』(星海社新書)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

印南敦史の記事

もっと見る