メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「親ガチャ」なんて語が消えた未来へ~児童養護施設の現実と希望を掬った小説「ななみの海」

作家の朝比奈あすかが描きたかった「コロナ禍の子どもたち」

朝比奈あすか 作家

 作家の朝比奈あすかさんが先月、新作小説『ななみの海』を上梓しました。 
 児童養護施設で暮らす高校生のななみが、彼氏や友人、周囲の大人たちとの関係や人生の針路に悩みつつも、アルバイトをしながら医学部進学を目指す青春小説です。十代の少女が抱える揺らぎを繊細に掬いとった作品を書き上げるまでには、児童養護施設の取材を通じ、虐待や貧困など悲惨な境遇にある子どもたちに対して大人として自分に何ができるのか、何度も突きつけられ、逡巡したといいます。
 コロナ禍で見つめ直したこと、今作で描きたかったことについて、朝比奈さんにご寄稿いただきました。

朝比奈あすかさん=松蔭浩之氏撮影拡大朝比奈あすかさん=松蔭浩之氏撮影

 〈あさひな・あすか〉 2000年、ノンフィクション『光さす故郷へ』を刊行。06年、群像新人文学賞受賞作を表題作とした『憂鬱なハスビーン』で小説家としてデビュー。『憧れの女の子』『自画像』『人生のピース』『さよなら獣』『人間タワー』『君たちは今が世界(すべて)』『翼の翼』『ななみの海』など著書多数。作品は中高受験問題に多く採用されている。

子どもは無力……コロナ禍であらためて感じた

 コロナ禍の2年間に私は子どもにまつわる小説を3作出した。子どもの生育と教育を全てAIが担う未来を描いた『誰もいない教室』(講談社「群像」2021年6月号掲載)、中学受験へ過熱してゆく家族を描いた『翼の翼』(光文社)、児童養護施設で生活する女子高生の物語『ななみの海』(双葉社)。どの作品にもコロナは描かれていないが、執筆時期はコロナ禍であり、私の頭はコロナでいっぱいだった。混乱してゆく社会の中で、子ども達がいかに無力であり、生命も安全も大人達に握られているということを、これまでになく強く感じていた。

 コロナ禍に入る手前で、「小説推理」(双葉社)の編集者と新連載の内容を考える話し合いをした。千葉県野田市の小学四年生の女の子が虐待死した事件の裁判の報道があり、私たちは、その件について話し合った。

 編集者から、「不遇な目に遭った子どもたちが天国で集まって幸せに遊んでいるという舞台設定の小説はどうですか」という提案があった。「そういう姿は生きている世界では当たり前のことなのに、それが損なわれてしまったのだと伝えることで、逆説的に虐待の悲惨さや理不尽さが浮かび上がってきたら」という彼女の言葉を受けて、私は、楽園のような場所で幸せに遊んでいる子ども達の姿を思い浮かべた。

 物語の中で、彼らは何かをきっかけに自分たちの記憶が消されていることに気づくのだ。それを探るうち前世で自分が親によって命を奪われた存在であると知る……そんなファンタジー小説の構想を話し合いながら、私たちは涙ぐんだ。

 帰り道、しかし私は急に虚しくなった。書けないと思った。天国で幸せに遊んでいる子ども達の姿を思い浮かべた時、フィクションの世界の中だけでも救ってあげられたらなどと思ったのだった。だけど、その考えは傲慢な気がしてきた。

 現実の世界で子ども達が虐待されている。命まで落としてしまった子たちがいることを報道で知るたびに、怒り、悲しみ、涙するけれど、自分は何もしなかったじゃないか。新しい虐待死のニュースを見るたびに新しい涙を流して、そして忘れていく。今この瞬間にも、誰かの機嫌に命を左右される子どもがいるのに、結果しか見ず、周囲にいた落ち度のあった人間を責め、いつも自分は関係ないという顔をしてきたくせに、そんな小説を書こうとするのか。

 考え出したら、何を書いていいのか分からなくなった。

 その頃から、児童養護施設について書かれた本を読むようになった。現場で働いている方々の話を聞きたいと思った。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

朝比奈あすか

朝比奈あすか(あさひな・あすか) 作家

2000年、ノンフィクション『光さす故郷へ』を刊行。06年、群像新人文学賞受賞作を表題作とした『憂鬱なハスビーン』で小説家としてデビュー。『憧れの女の子』『自画像』『人生のピース』『さよなら獣』『人間タワー』『君たちは今が世界(すべて)』『翼の翼』『ななみの海』など著書多数。作品は中高受験問題に多く採用されている。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです