メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

私的ジャン=リュック・ゴダール追悼──遅れてきたファンによる回想

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

 去る9月13日、ジャン=リュック・ゴダール監督(仏)が自殺幇助により逝去した。享年91。

 彼の死からおよそ3週間が経つが、私はいまだ、彼の死をどう受けとめてよいのか、わからない。──それまでに撮られたどんな映画にも似ていない、ただしハリウッドのB級犯罪映画へのオマージュでもある、文字どおり破格の傑作『勝手にしやがれ』(1959、白黒)でデビューし、ヌーヴェル・ヴァーグ(新しい波)と呼ばれる現象を巻き起こし、その後も数々の挑発的で尖った映画を撮りつづけた天才ゴダール。

ジャン=リュック・ゴダール(1930─2022)  Denis Makarenko/Shutterstock.com拡大ジャン=リュック・ゴダール(1930─2022)  

 彼の訃報に接したとき、私は、「まさか」と「やはり」の交錯した奇妙なショックに襲われた。「まさか」と思ったのは、ゴダールが、2018年には老いなどまったく感じさせない、過去の映画や絵画の断片をコラージュ(切り貼り)した先鋭な『イメージの本』を撮り、さらに、実験的な2本の作品を構想中だと仄聞(そくぶん)していたからだ。

 しかし、不死の存在であるかに思われたゴダールも、当然ながら、私たちと同じく死を運命づけられた「人間」であり、その高齢をかんがみれば、彼の死は、「やはり」と思わざるをえない出来事であったが、いずれにせよ、彼がこの世を去ったことは残念でならない(ゴダールの死を知って言葉を失っていたとき、私の頭に浮かんだのは、『勝手にしやがれ』に小説家の役で特別出演する、ゴダールが敬愛していたジャン=ピエール・メルヴィル監督のセリフだ。メルヴィルは、オルリー空港のテラスでの記者会見の場面で、「人生最大の野心は何か?」と聞かれて、こう答える──「不老不死のまま死ぬこと」、と。メルヴィル自身は深い意味はないダジャレだと言っているそうだが、私には彼のこのセリフが、ゴダールが安楽死を選んだことと符合するかのような、何やら含蓄のある言葉に思えた)。

 もっとも、あれだけ多くの傑作、問題作を残したのだから、ゴダールはもう十分に生き、天寿を全うしたのでは、と言う人もいるが、それはそれで理解できる。とはいえしかし、私は彼が他界したことに、大げさでなく、喪失感に似た思いを抱いている(少なからぬ映画ファンもそうだと思うが)。まあ、これは理屈ではなく、感情(主観)なのだから、これ以上うんぬんしても詮ないことだ。……と言っておいて、さらに私的な話になるが、以下では、私がどのようにゴダールと出会い、どのように彼の映画に“やられた”のかを、ざっと記して彼の追悼にかえたいと思う。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤崎康の記事

もっと見る