メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

若手記者体験記《同級生と被害者》

「ありがとう」胸に 取材に自問自答

玉木祥子 朝日新聞岡山総局記者

 朝日新聞社に入社して2カ月が経った今年5月末、岡山県津山市で2004年に起きた女児殺害事件の容疑者が逮捕された。被害者は当時小学3年生の筒塩侑子(ゆきこ)さん。学校から帰宅した侑子さんが胸などを刃物で刺されて倒れているのを家族が見つけた。14年間、有力な証拠や情報がなく、捜査は難航していたが、別の事件で服役中だった男が犯行をほのめかす供述をし、事件は急展開を迎えた。

 侑子さんがもし生きていたら、今の自分と同じくらいの年齢になっていただろう。とてもひとごとには思えなかった。津山市内で侑子さんの関係者取材をする中で、事件当日に一緒に下校したという同級生の女性を取材することになった。

 すでに他社の取材を受けていた女性は「精神的につらい」と言いながら、取材に応じてくれた。侑子さんと最後に別れた横断歩道、よく遊んだ神社、小学校への通学路。思い出の場所を一緒にたどりながら話を聞かせてもらった。

自らを責め続ける同級生

紙面 2018年6月4日付、朝日新聞朝刊社会面(大阪本社版)拡大紙面 2018年6月4日付、朝日新聞朝刊社会面(大阪本社版)
 14年ぶりに訪れたという横断歩道。着いてすぐ、女性は「事件以来ずっと避けてきた場所なんです」と打ち明けた。ぽつりぽつりと話し始めた女性は、あの日はいつもと変わらずケラケラ2人で歩き、横断歩道で「じゃあね、バイバイ」と手を振ったこと、またすぐに会えると思って別れたことを話してくれた。

 神社には、女性が侑子さんと一緒に遊んだ鉄棒やブランコが残っていた。「手はこう(逆手で)持ってな、脇は締めて」と言って侑子さんが逆上がりのお手本を見せてくれたこと。ブランコで立ちこぎをして、高いところまで上がる侑子さんを隣のブランコに座って見上げていたこと。まるで昨日のことのように詳細に思い出を語ってくれた。

 通学路を一緒に歩きながら、少しでもフランクに胸の内を話してもらえればと思い、当時はやった「とっとこハム太郎」や「プリキュア」などアニメの話題を会話の取っかかりにした。小学生の時、私が泥団子作りに熱中していたことを伝えると、「あ、思い出した」と言って侑子さんと泥団子を作って遊んだことを話し出す場面もあった。きゃっきゃと声をあげて楽しそうに遊ぶ2人の姿が目の前に浮かんでくるかのようだった。

 ただ、女性は侑子さんへの謝罪の言葉を何度も口にした。「最後までいたのになぜ助けられなかったのか。助けてあげられなくてごめんねっていう気持ちはこれからもずっと持ち続けると思います」。14年経った今でも、自らを責め続ける女性の心の痛みを感じた。

 取材を受けることは彼女にとって、とてもつらいことのはずだ。取材の終わりに「なぜ取材を受けてくれたんですか」と質問した。女性はこう答えた。「本当は取材を受けたくないんです。でも、自分が侑子ちゃんと最後までいたから、ちゃんと話す必要があると思って、取材を受けています」。強い覚悟を感じた。

 女性への取材をもとにした記事が6月4日の朝刊社会面(大阪本社版)に掲載された(紙面)。女性に記事を送り、取材のお礼を伝えると、「もう連絡はしないでほしいです」と頼まれた。今後も連絡を取りたいと思っていたため、ショックだった。侑子さんとの思い出や事件当日のことを深く聞きすぎたことで、つらい記憶を思い出させてしまったのではないか。自分はあの記事を書いてよかったのだろうか。そんな思いにとらわれた。記事を書くためには取材先に深く話を聞く必要があるが、それが相手につらい思いをさせることにもなりうる。記者の仕事の難しさを感じた。


関連記事

筆者

玉木祥子

玉木祥子(たまき・しょうこ) 朝日新聞岡山総局記者

2018年入社。現在、岡山県警担当。