メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

若手記者体験記《認知症事件》

終わりでない逮捕 どう向き合うか

加藤あず佐 朝日新聞新潟総局記者

 身近な事件や事故とどう向き合い、何を伝えたらいいのか。そんな悩みを抱きながら、思いがけず死を迎えた認知症の人たちを追った。きっかけは、ある事件の当事者である姉妹との文通だった。

 記者2年目だった2016年4月、新潟県中越地方の民家で母親(当時86)を殺害した疑いで長女(59)が逮捕された。逮捕直後の県警や近所への取材で、母親は認知症を患い、姉妹が介護していたことが分かった。なぜ悲しい事件につながったのか。ひとごとに思えず、妹(49)に取材を申し込んだが「今は答えられない」と断られた。

 数カ月後に再び手紙を書き、県外に引っ越した妹に渡してもらうよう弁護士に頼んだ。事件から1年が過ぎたころ、妹から返事が来た。刑務所にいる姉とも手紙のやりとりができるよう、妹が手続きを取ってくれた。

姉妹との文通から始まった

紙面 2017年8月22日付、朝日新聞朝刊新潟版拡大紙面 2017年8月22日付、朝日新聞朝刊新潟版
《致命的だったのは、サポートしてくれる人がいたのに独りよがりの思い込みで行動してしまったことだと思います》

 横書きの便箋(びんせん)にぎっしり書かれた姉の言葉は重かった。数往復の文通を重ねると、当時の状況が浮かんできた。

 母親の認知症が父親の死後に急速に進み、県外で別々に住んでいた姉妹は実家に戻った。

 母親は朝5時前に起きて料理を始め、火をつけたまま台所を離れて鍋を焦がす。注意すると怒鳴り返し、施設に入ることも嫌がった。長女の責任感から、「一日中つきっきりじゃないとだめだ」という思いが頭から離れず、日々自分を追い込んだ。

《妹か私のどちらかが倒れたら、母を含めてみんなの生活が共倒れになってしまう。想像すると生きる意欲もなくなりました》

 あの日、姉は母親の顔を浴槽の水につけて水死させ、殺人容疑で逮捕された。姉は手首から血を流した状態で、浴室に倒れていた。

《父の存在に甘んじて、介護の勉強を始めるのが遅すぎた》

 妹は悔いた。

 変わりゆく母親と向き合う中で、何をすればいいか分からない混乱が姉に降りかかったこと。回りの人に迷惑をかけたくないという遠慮で自分を追い込んだこと。殺害は決して許されないが、殺意につながった苦しみに胸が痛んだ。背景にあったのは、どの家庭にもありうる状況だった。ありのままを伝えることで、認知症と介護家族のことを考えるきっかけがつくれるだろうか。姉妹の了承を得て、そのままの言葉を記事にした(紙面)。


関連記事

筆者

加藤あず佐

加藤あず佐(かとう・あずさ) 朝日新聞新潟総局記者

2015年入社。高松総局を経て16年から現職。現在は新潟県政キャップ