メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

社会を切り取り、解釈する前に

自分の「正しさ」、疑う胆力を

初沢亜利 写真家

 自分の正しさを主張するために社会を解釈してはならない。

 間違っているのは私(私たち)かも知れない、からスタートしよう。

 いつしかこのような意識で現場に立つようになっている。

 これまでイラク、北朝鮮、被災地東北、沖縄をテーマにした5冊の写真集を出版してきた。東京に暮らし、メディアの情報に触れる中で蓄積された先入観を排除し、目の前にある事象を「ちゃんと見る」ことは容易ではない。地域の声に耳を傾けると、様々な立場の考え方に引っ張られ、いつしか多様性の海にのみ込まれてしまう。自分の立ち位置が揺らぐ感覚こそが、私にとって作品の制作過程において一つの醍醐味(だいごみ)だ。そこに暮らす人々は、私が眼差(まなざ)し、解釈するために存在しているわけではないのだから。

「眼差し」をみられている

嘉手納基地のフェスタにて2014拡大嘉手納基地のフェスタにて2014
 写真集を見たフォトアートの関係者の多くは、時事的なテーマの選び方や写真集巻末の長い後書き、作品発表に伴う発言内容からこれはジャーナリズムだと感じるようだ。一方ジャーナリストからは、極めて個人的な写真表現として受け取られることが多い。朝鮮半島で使われる言葉にすると分かりやすい。「写真作家」か、それとも「写真記者」か。

 沖縄の写真集を例にとると、辺野古の海で抗議船に乗り、海上保安庁職員と揉(も)み合う中での写真もあれば、お盆の時期に沖縄独特の亀甲墓の上で居眠りをする2人の少女の写真もある。天皇陛下訪沖の際、平和祈念公園入り口で「天皇陛下万歳」と書かれた横断幕を掲げる沖縄右翼の整列写真もあれば、国際通りのスターバックスで勉強する黒いリクルートスーツを着た専門学校生の集合写真もある。日常を追えば政治が顔を出し、政治を追えば日常が見えてくる。目の前に繰り広げられる人間模様からファインダー越しにエッセンスを抽出していく過程で、ジャーナリスティックな問題設定そのものがむしろ変化を迫られることになる。

 2015年に「『周縁からの眼差し』~東北・北朝鮮・沖縄報告~」と題した写真展を開催した。別個の苦悩を抱える土地を並列することが、それぞれの被写体に対して不敬であることを重々考えてのことだった。

 コーナーを分けての展示は、観(み)るものにとって不思議な統一感があったようだ。一貫しているのは、哀れな被災地、非道の北朝鮮、南の楽園沖縄といった我々が期待する「らしさ」がどこにも写っていない、ということだった。

 言うまでもなく、写真は撮り手の眼差しの表現だ。しかし一方で被写体も撮影者を見ているのだ。カメラに向ける目線の有り無しのことではない。被災者も北の人民も沖縄人も、私がどこからやってきて、どのような態度で何を撮ろうとしているのかを見ていた。

 東京の写真展会場で作品を観る客を、被写体が写真の向こう側から眺め返す。「周縁からの眼差し」というタイトルの意味はそこにあった。自分の都合で我々を眼差さないでください。写真の中から声を発し、そう語りかけているようにさえ思えた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

初沢亜利

初沢亜利(はつざわ・あり) 写真家

1973年、フランス・パリ生まれ。上智大学文学部卒業、写真ワークショップ・コルプスを修了し、イイノ・広尾スタジオを経て写真家として活動。2013年東川賞新人作家賞、16年日本写真協会新人賞受賞。写真集に『Baghdad2003』『True Feelings 爪痕の真情。2011.3.12~2012.3.11』『隣人。38度線の北』『沖縄のことを教えてください』『隣人、それから。38度線の北』。