メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

今後の業務上過失事件の捜査への影響、検察審査会「JR西歴代社長起訴相当」で

 JR宝塚線(福知山線)脱線事故をめぐり、JR西日本の歴代社長3人を強制起訴すべきだとした神戸第一検察審査会の議決は、11人が亡くなった兵庫県明石市の歩道橋事故に続き、再び検察の判断を覆した。鉄道会社のトップの責任を市民の目線で厳しくとらえた内容だが、裁判に向けて様々な課題も積み重なっている。

 ■検察の反応

・・・ログインして読む
(残り:約2903文字/本文:約3058文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。