メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

中国残留日本人孤児たちの手作りギョーザ

大久保真紀

大久保真紀 朝日新聞編集委員(社会担当)

 6月18日の夜、東京都台東区の雑居ビルの一角で、ほっかほっかの湯気が立つ、手作りの水ギョーザが次々に振る舞われました。中国残留日本人孤児たちが自分たちで運営する「中国残留孤児の家」で、この日に始めた手作り冷凍ギョーザの販売開始を祝っての開店パーティーがあったのです。大雨にもかかわらず、約70人の支援者が集まり、もっちりした水ギョーザに舌鼓を打ちました。

 迎えた孤児たちはこの日は20数人。彼らの生き生きとした笑顔を見ながら、私は心がほっこりと温かくなるのを感じました。 ・・・ログインして読む
(残り:約1721文字/本文:約1957文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大久保真紀

大久保真紀(おおくぼ・まき) 朝日新聞編集委員(社会担当)

1963年生まれ。盛岡、静岡支局、東京本社社会部などを経て現職。著書に『買われる子どもたち』、『こどもの権利を買わないで――プンとミーチャのものがたり』、『明日がある――虐待を受けた子どもたち』、『ああ わが祖国よ――国を訴えた中国残留日本人孤児たち』、『中国残留日本人』など。

大久保真紀の記事

もっと見る