メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 錦織圭について触れるにあたり、彼に立ちはだかる両雄の、歴史に残る死闘から始めたい。
 全仏オープン男子シングルスで準決勝。4連覇をめざしたラファエル・ナダル(スペイン)と世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の一戦は4時間37分に及んだ。6―4、3―6、6―1、6―7、9―7。勝ったのはナダルだった。
 いつもこんな感じだ。勝負への執着心という点で2人は世界の双璧といってもいい。
 勝利の女神は気まぐれだ。ほんのわずかな心のスキを見せるとそっぽを向いてしまう。真の負けず嫌いしか生き残れない。どの競技でもそうなのだが、一対一でコート越しに打ち合うテニスはその流れが観客、視聴者にもわかりやすい。
 そんな世界に生きている錦織の負けず嫌いも相当なものだ。テニスに限らず、家族と遊ぶトランプゲームでも、ボウリングでも勝ち負けにはとことんこだわる(そしてテニスと同じく、終盤に強い)。
 錦織は今回、日本男子では1938年の中野文照以来、75年ぶりにとなるベスト16に進んだ。4回戦はナダルとの対決だった。
 私はナダルとの2008年の初対決を鮮明に覚えている。ウィンブルドン選手権の前哨戦として名高いロンドンのクイーンズでの大会だった。錦織が1セットを奪う善戦を見せ、ナダルは「将来はトップ10、いやトップ5も狙える才能」と錦織の将来性を高く評価していた。
 一流は一流の才能を見分けられるのだろう。錦織は右ひじ手術による長期離脱などの試練を乗り越え、世界ランキング15位で今回のパリの舞台に挑んだ。
 正直、ベストの錦織ではなかった。ファアハンドのショットに

・・・ログインして読む
(残り:約783文字/本文:約1463文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

稲垣康介

稲垣康介(いながき・こうすけ) 稲垣康介(朝日新聞編集委員)

朝日新聞編集委員。1968年東京生まれ。92年に入社し、新潟支局、東京、大阪のスポーツ部を経て、2001年からヨーロッパ総局(ロンドン)特派員。サッカー、テニスなどスポーツ全般のほか、IOC、FIFAなど国際統括団体の取材も。04年アテネ五輪は開幕1年前からギリシャに駐在し、準備段階から関わった。サッカーのW杯、夏季、冬季五輪を現地取材。2014年6月、WEBRONZA筆者退任

稲垣康介の記事

もっと見る