メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[3]底力を示す「ファンタジー・オン・アイス」

青嶋ひろの フリーライター

 このオフシーズンは全国4都市(幕張、静岡、金沢、神戸)で、計12公演開催。どの会場も大入り満員で、12公演の総観客数6万。日本、いやおそらく世界屈指の観客動員を誇るアイスショーが「ファンタジー・オン・アイス」(企画制作CIC)だ。

 元となる公演は2002年の「フィリップ・キャンデロロ・ファンタジー・オン・アイス」。

 その後、スタイルや名称の変遷を経てきたが、スケートブームの始まるずっと以前から海外の名スケーターを日本で見る機会を提供し続け、コアなファンを喜ばせてきたショーである。長い歴史のなかで培われたものは大きく、4つのショーのうち、最も作り手がプロフェッショナルなショー、と言えるだろう。

ファンタジー・オン・アイス」 /静岡県拡大「ファンタジー・オン・アイス」 の羽生結弦=2014年、静岡県
 これだけフィギュアスケート人気が高まると、メジャーなスケーターを集め、順番に滑らせさえすれば、ある程度興行収入を得ることはできる。

 今シーズンオフは幸い遭遇しなかったが、稀にスケーターの人気頼みで演出など何もされていない、アバウトなショーを見ることもある。それでは、世界一流の演技を見せてくれるスケーターたちにも失礼だろう。

 リンク設営、照明、音響、オープニングやフィナーレの演出などが華やかで、コンセプチュアルで、「こんな舞台に立ててうれしい」「この舞台にふさわしい演技をしたい」、そう感じさせることができれば、スケーターたちの演技も輝きを増す。

 その点で「ファンタジー・オン・アイス」は手抜かりがなく、どの公演も安心してスケーターたちの生き生きした姿を見ることができる。

 ある競技スケーターが、「今年は練習時間を多く取りたいから、ショーの数を減らさなくちゃいけない。でも、ファンタジーだけは出たかった」と語ったこともある、そんなショーだ。

スケートと音楽のコラボレーション

 また「ファンタジー・オン・アイス」最大の特色は、メインの出演者が ・・・ログインして読む
(残り:約1536文字/本文:約2317文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

青嶋ひろの

青嶋ひろの(あおしま・ひろの) フリーライター

静岡県浜松市生まれ。2002年よりフィギュアスケートを取材。日本のトップ選手へのインタビュー集『フィギュアスケート日本女子 ファンブック』『フィギュアスケート日本男子 ファンブック Cutting Edge』を毎年刊行。著書に、『最強男子。 高橋大輔・織田信成・小塚崇彦 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子日本代表リポート』(朝日新聞出版)、『浅田真央物語』『羽生結弦物語』(ともに角川つばさ文庫)、『フィギュアスケート男子3 最強日本、若き獅子たちの台頭 宇野昌磨・山本草太・田中刑事・日野龍樹・本田太一」(カドカワ・ミニッツブック、電子書店で配信)など。最新刊は、『百獣繚乱―フィギュアスケート日本男子―ソチからピョンチャンへ』(2015年12月16日発売、KADOKAWA)。

青嶋ひろのの新着記事

もっと見る