メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ビーチサッカーW杯で日本代表が14年ぶり4強に

19年の日本サッカー界最高位は来年への追い風となるか

増島みどり スポーツライター

拡大ビーチサッカーの日本代表監督に復帰したラモス瑠偉(右)=2018年2月14日

 12月4日、ビーチサッカー日本代表が、2005年以来14年ぶりとなる4強進出を果たしたW杯パラグアイ大会(1日に閉幕)から帰国した。会議の合間を縫って、日本サッカー協会・田嶋幸三会長(62)まで成田空港での出迎えに駆け付け、家族や関係者たちも「おめでとう」と手作りの横断幕を掲げる。到着ロビーは深い喜びに包まれ、ラモス瑠偉監督(62)が最後尾でロビーに出てくると、田嶋会長とがっちりと抱き合った。

 16年の年末には脳梗塞に倒れ、車椅子での生活を覚悟したという監督と、回復を待って日本のビーチサッカーを築きあげてきたラモスにオファーを出した会長。「少しは恩返しできたのならうれしいけど・・・」と控えめに言った監督に、会長も「ありがとう、本当にありがとう」と、2人で少し涙ぐむシーンも。フル代表に比較すると報道で取り上げられる機会は少ないが、今回の4強は今年のサッカー界をリードした快進撃で、来年の東京五輪、女子の23年W杯招致活動への追い風としても評価される。

 FIFA(国際サッカー連盟)主催の国同士の対戦を意味する「ワールドカップ」は男女の各年代、フットサル、ビーチと8カテゴリーに存在する。今年は、女子日本代表「なでしこジャパン」、男子でU-20、U-17、そしてビーチサッカーと1年間で行われたW杯で全て決勝ラウンド(ノックアウトステージ)進出を果たしている。他国が叶えられない種類の快挙を達成したともいえる。

日本ビーチサッカーの存在感を世界にアピール

 開幕戦で開催国パラグアイに完全アウェーの厳しい試合展開のなか、ラスト1秒の土壇場、赤熊卓弥の奇跡のゴールで勝利すると、一気に大会の波を引き寄せる。次戦のアメリカ、優勝候補でもあったスイスを破ってグループリーグを突破。準々決勝ではウルグアイを下す4連勝で4強を決めた。初の決勝進出をかけた準決勝ポルトガル戦は3対3の引き分けに終わりPK戦へ。優勝国に最後は振り切られたが、3位決定戦でも、次回2021年のW杯開催国でプロリーグを持つ強豪・ロシアに食い下がり、4強で大会を終えた。

 4強唯一のアジアの国として、6戦4勝1分1敗のうち4試合で1点差と紙一重の試合をものにした勝負強さ、またビーチサッカー最大の魅力でもあるダイナミックで想像力に溢れたテクニックで、日本ビーチサッカーの存在感を世界にアピールする大会となった。

 その証が、チームのキャプテンを務める茂怜羅オズ(33=東京ヴェルディBS)が、通常なら優勝、準優勝国から選ばれる「ゴールデンボール賞」(大会最優秀選手)を受賞した快挙だろう。主将であり、チーム最多の7点を獲得した活躍が異例の4位からのMVP選出につながった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

増島みどり

増島みどり(ますじま・みどり) スポーツライター

1961年生まれ。学習院大卒。84年、日刊スポーツ新聞に入社、アマチュアスポーツ、プロ野球・巨人、サッカーなどを担当し、97年からフリー。88年のソウルを皮切りに夏季、冬季の五輪やサッカーW杯、各競技の世界選手権を現地で取材。98年W杯フランス大会に出場した代表選手のインタビューをまとめた『6月の軌跡』(ミズノスポーツライター賞)、中田英寿のドキュメント『In his Times』、近著の『ゆだねて束ねる――ザッケローニの仕事』など著書多数。

増島みどりの記事

もっと見る