メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

本人・家族の死生観の変化か?「胃ろう」が半減

口から食べる量が減り、自然なかたちで終末を迎える方が増えている

久富護 訪問診療医 医師兼コンサルタント

拡大Photographee.eu/shutterstock.com

 2019年9月に総務省より日本の高齢化率(65歳以上人口割合)が28.4%との発表があった。高齢化率は上昇を続けており、このことは今後、さらなる多死社会の到来を意味していると考えられる。

 人は亡くなるまでに、様々な経緯・症状をたどるが、その一つに経口摂取量(口からの食事量)の低下がある。人は年を重ねることにより、飲み込む力が落ち、口から食べ物を食することが困難になる。その際に栄養を摂(と)るための手段として、医療的な処置が発生する場合と発生しない場合がある。

栄養を摂るための幾つかのやり方

 医療的処置が発生する場合の代表的な選択肢としては、「胃ろう」等を造設し、そこから栄養剤を注入する経腸栄養療法と、多くの栄養が含まれている高カロリー輸液を点滴することによる中心静脈栄養法がある(心臓に近い血管から点滴する必要があるため、基本的に首の近くの血管から点滴を実施)。

 一方、医療的処置が発生しない場合としては、経口摂取ができなくなったことを基本的に自然の流れとして受け止め、ごく少量だとしても食べることのできる量の食物を召し上がっていただくという方法がある。

 それぞれのやり方には長所と短所があるが、いずれにせよ、ご本人やご家族の意向に沿うかたちで、医療従事者とともにアプローチを決定することとなる。

心的な負担を抱えずに医療行為を選択するために

 胃ろう等は、経口摂取が困難になった方にとって有効な栄養摂取手段である一方で、人生の最終段階を迎えた高齢の方々をめぐり、ご本人の意向に伴わない胃ろうの造設が存在するのも事実である。

 具体的には、ご本人自身の意思が伝えられる段階では胃ろうの造設を拒否していたが、認知症などで意思が伝えられなくなった後に、ご家族が胃ろうを選択した場合がそれにあたる。そこには病態の変化やご家族としての思いなど、様々な要因が介在していることが多い。ただ、その場合、ご本人の意向と違う選択をしたことについて、ご家族が長い期間悩まれる姿を何度もみてきた。

 また、事前にご本人の意思が確認できていない場合は、家族として単純に栄養を摂って欲しいという思いから、あるいは「何もしないことに対しての罪の意識」から、胃ろうを造設するケースもある。

 私としては胃ろうを選択することが「正しい/間違っている」と述べるつもりはまったくない。とはいえ、できれば心的な負担を抱えることなく、「これが本人のために最良の選択肢であった」という思いのなかで、選択をしてほしいと考えている。

 胃ろうにとどまらず、何かしらの医療的な行為をご家族が選択する際、ご本人の明確な意思があれば、心的負担は圧倒的に少なくなる。そのため、できればご本人が自身の意思を伝えられるうちに、家族内でしっかりと話し合うことが非常に重要と考えられる(結論が出なくても、話し合うことが重要)。そして、もしそこで結論が出たのであるならば、家族内でその内容を共有することが望ましい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

久富護

久富護(ひさとみ・まもる) 訪問診療医 医師兼コンサルタント

1977年東京都出身。東京慈恵会医科大学医学部卒業、東京医科歯科大学大学院医療政策学修士、社会医学系専門医、中小企業診断士。医療ビジネスや社会保障に関する研究や活動を通じて、医療・介護領域に対して、多くの課題を感じ、その解決への一翼を担いたいという思いから株式会社メディヴァに医師兼コンサルタントとして参画。また同時に、医療法人社団プラタナス松原アーバンクリニックで訪問診療医として従事。