メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

コロナ危機を乗り越えよう。動き始めた芸術文化の分野・役割を超えた連帯

オンライン署名、クラウドファンディング……新しい芸術文化を目指す動きが続々

落合千華 リサーチャー・コンサルタント

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、美術館、劇場等への自粛要請が始まった2月下旬。芸術文化は「不要不急」。そう突き付けられたかのような、突然の出来事だった。

SNSの投稿から不安がひしひしと

 私はふだん、地域や子どもたちのための芸術文化活動を中心に、コンサルティング支援や調査研究をしている。文化庁やアーツカウンシル(文化や芸術にかかわる事業を支援する組織)などと共に、制度に関する調査、助成事業に関する支援などの仕事をすることもある。

 一口に芸術文化といっても、その内容は様々だ。まさしく多様な人や組織が、生き生きと色彩豊かに躍動している世界なのだ。地域で土着の伝統芸能を守っている人もいれば、都心で新たな芸術を切り開いている現代舞踊家もいる。彼らの生き生きとした姿が急に止まったことに驚くとともに、ある意味現場の外にいる私ができることをしなければ、と思った。

 これまで一緒に仕事をしてきた芸術文化にかかわる方々が発するSNS上の投稿からは、不安が広がっていく様子がひしひしと伝わってきた。「とにかく行き先不安で困っている」「金銭的に大変になる」……。そういった投稿を読みながら、まずは実際にはどういった人がどのように困っていて、どんな支援があるといいか、具体的に明らかにする必要があると考えた。

延期になった「世界こども音楽祭」

拡大福島県相馬市民会館でアンゴラの子どもたちとの共演したエル・システマジャパンの子供たち=2016年(エル・システマジャパン提供)

 私が2015年度から関係してきた団体に一般社団法人エル・システマジャパンがある。2011年の東日本大震災の後、福島県や岩手県を拠点に、子どもたちが音楽を共に奏でる場所を提供し続けてきた。2020年4月3、4日には東京芸術劇場で「世界こども音楽祭」を開催する予定だった(エル・システマジャパンの詳細は「こちら」)。

 この音楽祭では、エル・システマジャパンの子どもたちと、アメリカ、アンゴラ、イギリス、韓国、ベネズエラなど8カ国からやってきた子どもたちが共演するコンサートが企画されていた。震災から来年で10年。エル・システマジャパンにとって象徴的な意味を持つこのコンサートには助成や寄付も集まり、なにより子どもたち並々ならぬやる気をもって、頑張って練習してきたと聞いている。

 それが、コロナのために延期(2021年3月予定)になってしまった。金銭的に打撃なのはもちろんだが、楽しみにしてきた子どもたちの成長にも大きな影響がある。私は居ても立っても居られない気持ちであった。

 振り返ってみれば、東日本大震災の時も子どもたちから「遊ぶ場」が奪われた。とりわけ福島では、原発事故の影響もあり、野外での活動がかなり制限された。地域から外へ移動した人も少なくないが、家族と共に福島に残った子どもたちにとって、「音楽を共に奏でる」という新しい場ができたことは、心の支えとなり、健やかな成長に好影響をもたらしてきた。

 そう、コンサートは不要でも不急でもない。活動が止まってしまうことに対して、何らかの新しい手を打つ必要があるのは明らかである。

拡大Grandomart/shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

落合千華

落合千華(おちあい・ちか) リサーチャー・コンサルタント

社会的成果、公益性に特化した組織や事業のマネジメント支援が専門。特に芸術文化を通した子ども支援、コミュニティ活性の研究・支援に従事。外資系メーカーR&D、経営コンサルタントを経て、ケイスリー株式会社取締役。慶應義塾大学政策・メディア研究科研究員、後期博士課程在学中。同大学院理工学研究科修了(工学修士)。