メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ・パンデミックのただ中で、介護職員らはいのちによりそっている(下)

かけがえのない友人たちの苦境~恢復へ、社会的支援を!

白崎朝子 介護福祉士・ライター

コロナ・パンデミックのただ中で、介護職員らはいのちによりそっている(上)

大阪・西成の介護事業所の友人

手が出ぬN95マスク、「使い回すため消毒の仕方を教えて」

 昨年の夏のおわり、友人2人が勤務する大阪市西成区にある医療法人が運営する病院と施設数ヵ所でクラスターが発生した。友人の事業所では幸い感染者はでなかったが、クラスターが出た病院ですらN95マスクの支給されない病棟もあり、サージカルマスクのみで、陽性者の食事介助等をしていた。沖縄を支援した経験から、感染者が出てからN95マスクを発注しても遅いと思った。

 沖縄のときにカンパを集めてくれた病院職員の女性からN95マスクが1枚2000円もしていると聞いていた。私が沖縄に送っていたN95マスクは安いとも……。それでも低賃金の介護職員にはとても手がでない。

 私は3つのメーリングリストと友人100人程に緊急カンパの要請をした。すると、わずか3分で再び医師の友人が連絡をくれ、5時間で7人から「カンパする」というメールがあり、その日のうちにN95マスクを発注できた。ただ一箱20個では職員全体には行き渡らない。友人たちが所属する現場は、デイサービス、訪問介護事業所、そしてグループホームという高齢者のための複合施設だった。友人からは、「何回も使い回すための消毒の仕方を教えて欲しい」とメールがきたので、医師の友人に消毒の仕方を教えてもらい転送した。

過酷な労働環境でも、利用者には決して笑顔を忘れない大阪市の介護職員。拡大過酷な労働環境でも、利用者には決して笑顔を忘れない大阪市の介護職員。

送ったマスクは看護師、利用者にも

 友人からは、「利用者とN95マスクをつけ、クラスターが発生した病院に通院しました」という報告メールがきた。利用者にもN95マスクが必要だと気づかされた。また防護服の上につける使い捨てのビニールエプロンが必要と聞いていた私は100枚送った。「注文したが売り切れで入手できなかった」と喜んでもらえた。緊急事態宣言が解除されても、正規ルートの物資は奪い合いが続いていた。私が送ったN95マスクは病院の看護師たちにも渡されていたと後から知った。

 沖縄にゴミ袋でつくった簡易防護服を送ってくれていたホームレス支援団体の「ほしのいえ」が、簡易防備服と不織布マスクを友人たちに送ってくれた。その直後、再びカンパがあったので、欲しいものを尋ねると、「N95がありがたいです。法人からは支給されていないから。N95マスクを要求してきたけど、『専門的なつけ方があるから』と拒否されてきました」とのメールをもらい、私は再びN95マスクを40枚送った。

大阪市の有料老人ホームで働くHさん、東京都内のケアマネジャーFさん

ハードルが高いPCR検査~「今ごろ初の検査」?

 「大阪市からの要請で初めて職員全員のPCR検査が実施されました。全員陰性でしたが、今ごろ初めての職員全員の検査なんてあり得ません!」と憤るのは、大阪市の有料老人ホームで働く非常勤職員Hさん。今年6月の半ばにきた彼女のメールに、私は絶句した。

 昨年の緊急事態宣言中、会社は特別手当(3000円/日)を支給したが、昨年より大変ないま、手当は一切ないという。国の慰労金も施設側がなかなか申請せず、支給されたのは昨年末だった。マスクの不足時には自費購入を求められて、職員はとても苦労していた。

 また面会制限で入居者の心身もどんどん悪化し、歩行できた入居者が車椅子利用となり、認知症が進む入居者も多い。声を出すレクリエーションができないため、入居者の喉が衰えて嚥下障害が増え、職員の介護負担が増している。

 さらに深刻なのは、職員の離職の増加だ。「コロナ禍では一年中、慰労金のような手当が欲しいです。医療関係者に比べればと思われるかもしれませんが、本当に辛いです」とHさん。彼女は昨夏から1年近く、マスクとフェイスガードをつけ完全防備で通勤している。介護職員がどんなに努力していても、PCR検査すらまともに受けられない。大阪は東京より更に厳しい状況だと感じる。

 一方、東京都は高齢者の介護事業所等にPCR検査をする制度をつくったが、小規模事業所やケアマネジャーだけの居宅介護事業所は検査の対象にならず、自治体からは日本財団が実施している検査を受けるようにとの案内がきている。

 「今まで以上に体調管理に気っていますが、ストレスで病欠をとる同僚も出ています」というのはケアマネジャーのFさん。検査すらまともに受けられないリスクのなか、利用者や介護家族を全力で支えてきた。彼女は緊急事態宣言の渦中、一人暮らしの利用者が倒れてしまい、救護のために身体介護を余儀なくされた。そんな現場の実態に対して、PCR検査は長くハードルが高く、改善要求の声が上がっていた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

白崎朝子

白崎朝子(しらさき・あさこ) 介護福祉士・ライター

1962年生まれ。介護福祉士・ライター。 ケアワークやヘルパー初任者研修の講師に従事しながら、反原発運動・女性労働・ホームレス「支援」、旧優生保護法強制不妊手術裁判支援や執筆活動に取り組む。 著書に『介護労働を生きる』、編著書に『ベーシックインカムとジェンター』『passion―ケアという「しごと」』。 2009年、平和・ジャーナリスト基金の荒井なみ子賞受賞。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

白崎朝子の記事

もっと見る