メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

保育士の悩みは「低賃金」だけではない 「重労働」のワケを考えてみると…

衆院選の公約にも取り上げられた保育士の賃上げ。でも保育園の問題は他にも……

菊池刀子 保育士・イラストレーター

 「保育士」と聞いたとき、多くの人の頭に浮かぶイメージは「低賃金」、そして「重労働」だと思います。

 「低賃金」は少しずつ改善してきてはいますが、依然として標準賃金より低いことに間違いありません。今回の衆院選では、看護師や保育士らの賃上げを公約に掲げる政党もありますが、どうなるでしょうか。

 「重労働」について言えば、まさしくそれが現実です。保育士とはどういう職業かと問われれば、「忙しい」の一言に尽きます。

拡大遊びたいのに遊べない保育士

保育園の何がそんなに忙しいのか?

 数年前、「保育園の何がそんなに忙しいの」と聞かれたことがありました。その時は即座に答えが出ませんでした。というのも、忙しさが当たり前になっていて、何が忙しい原因なのか、真剣に考えたことも、突き止めようとする意志もなく、日常に流されていたからです。思えば、以前の私は、「忙しい、忙しい」と言いながら、本気で改善しようとしていませんでした。

 保育園が子どもを預かる場所であることは確かです。けれども、ただ単に預かっていればいいというものではありません。さすがに、「子どもと遊んでいればいいのだから楽な仕事だ」と言う人は少ないでしょうが、現場の大変さが分かるのは、やはり現場の保育士しかいないのです。そこで今回は、なぜ保育園が忙しいのか、その理由について私なりに向き合い、考えてみたいと決心しました。

 子どもたち一人ひとりの気持ちに寄り添いながら、丁寧にかかわる。成長過程にあった遊びを準備し、子どもたちと楽しさを共有する。怪我のないように、環境を整える。保育者同士が連携する。アレルギーを持った子などの個別対応を確実に行う。保護者とコミュニケーションを取る。何か新しいことをするときは主任や園長に相談する。制作や行事の準備をする。コロナ感染対策のため消毒をする。地域との繋がりを考える……。

 仕事の内容を挙げたらキリがありません。優先順位をつけるつもりはありませんが、その中から「忙しさ」に繋がっているのではないかと思われることをまずは2点、挙げてみました。いずれも無駄であるとまでは言いませんが、内容からすると必要性が感じられず曖昧であると思われるものです。

拡大一緒に遊ぼうよ!

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菊池刀子

菊池刀子(きくち・とうこ) 保育士・イラストレーター

1991年生まれ。現在、都内で保育士として勤務。兼イラストレーター。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

菊池刀子の記事

もっと見る