メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

オバマ政権がイスラエルにバンカーバスター売却のナゾ

高橋和夫 放送大学教養学部教授(国際政治)

 9月24日に放送されたアメリカのナショナル・パブリック・ラジオのニュース番組で『ニューズウィーク』誌のエリー・レイク記者が語ったところでは、2009年にオバマ政権が秘密裏に55発の地下壕破壊用の新型爆弾を売却していた。

 この種の爆弾は、軍事専門家の間ではバンカーバスターとして知られ「地中貫通爆弾」との訳語が当てられている。オバマ政権が売却したのは最新のバンカーバスターで約7メートルの厚さのコンクリートを貫通する能力がある。仮にイスラエルやアメリカがイランを攻撃することになれば、地下深く建設されている核関連施設への爆撃に使用されるのではないかと推測されている兵器である。

 レイク記者によれば、この爆弾は2005年にイスラエルのオルメルト首相が購入を希望し、それをブッシュ政権が拒絶している。ブッシュ政権がバンカーバスターの売却を拒絶したのは、軍事技術のイスラエルから中国への流出をアメリカが懸念していたからだ。この問題が解決されたので、2007年にはブッシュ政権はバンカーバスターの売却を許可した。2007年、ブッシュはオルメルトに秘密裏に書簡を送り、この爆弾100発の売却の決定を伝えている。しかし実際の売却は先送りされた。

 そして2009年の政権発足直後にオバマは55発の爆弾を売却した。これが公表されなかった理由は、オバマ政権がイランとの対話を模索していたからである。また公然たる売却は、オルメルトの後に首相となったネタニヤフに間違ったメッセージを送る結果になると判断されたからである。つまりイスラエルによるイラン攻撃をアメリカが容認すると解釈されるとの懸念があったからである。

 これ以上はありえないほどのイスラエル寄りであったブッシュ政権でさえ売却しなかった兵器を、オバマがイスラエルに売却していたとのニュースはスクープである。

 しかし、多くの疑問が残る。 ・・・ログインして読む
(残り:約1003文字/本文:約1788文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋和夫

高橋和夫(たかはし・かずお) 放送大学教養学部教授(国際政治)

北九州市出身、放送大学教養学部教授(中東研究、国際政治)。1974年、大阪外国語大学ペルシャ語科卒。1976年、米コロンビア大学大学院国際関係論修士課程修了。クウェート大学客員研究員などを経て現職。著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『アメリカとパレスチナ問題』(角川書店)など多数。ツイッター https://twitter.com/kazuotakahashi ブログhttp://ameblo.jp/t-kazuo 

高橋和夫の記事

もっと見る