メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席による首脳会談が米カリフォルニア州パームスプリングス近郊のリゾート、サニーランズで開かれた。ノーネクタイでくつろいだ雰囲気だったという会談は異例の8時間にも及び、両首脳は「新しい米中関係」を目指すことで合意した。

 新しい関係とは、これから肉付けされるものなので明確な内容を伴っていない。オバマ大統領が「軍同士の意思疎通の強化は、米中の新しいモデルの関係を進展させる具体例だ」と報道陣に語ったように、米国側は軍事力の増強にまいしんする中国との間で不測の事態を招かない安定した関係を望んでいる。

 また、深刻なサイバー攻撃問題や地球温暖化問題で、責任ある大国としての役割を中国が果たすようにも求める。オバマ大統領の言うように「平和的に台頭する中国なら歓迎できる」というわけだ。

 一方の中国側が描くのは、「新たなタイプの大国関係」。習主席は副主席として2012年に訪米した際に「広大な太平洋には両国のためのスペースが十分ある」と述べて、太平洋地域で存在感を強める意欲を露骨に示し、関係国を驚かせた。

 習氏は今回の訪米でも、この考えが変わっていないと表明した。オバマ政権の「アジア回帰」を中国の周辺国を巻き込んでの「対中包囲網」と見る向きが中国では少なくない。習氏の考えは太平洋で米国に対等の扱いを求めたものだ。中国は世界中で米国と対等な立場を求めていくに違いない。

 しかし、米国側が中国に求めるのは軍事でも経済でも人権でも、国際ルールの順守であって、習主席の唱える富国強兵を正面に据えた「中国の夢」の実現ではあるまい。

 だからといって米中が目指す新しい関係を「同床異夢」とは決めつけられない。 ・・・ログインして読む
(残り:約1202文字/本文:約1921文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤原秀人

藤原秀人(ふじわら・ひでひと) フリージャーナリスト

1980年、朝日新聞社入社。外報部員、香港特派員、北京特派員、論説委員などを経て、2004年から2008年まで中国総局長。その後、中国・アジア担当の編集委員、新潟総局長などを経て、2019年8月退社。2000年から1年間、ハーバード大学国際問題研究所客員研究員。

1980年、朝日新聞社入社。外報部員、香港特派員、北京特派員、論説委員などを経て、2004年から2008年まで中国総局長。その後、中国・アジア担当の編集委員、新潟総局長を経て、2014年9月より国際報道部。2000年から1年間、ハーバード大学国際問題研究所客員研究員。

藤原秀人の記事

もっと見る