メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

神社が改憲運動をしていいのか(上)

「宗教の公共性」に照らして考える

小林正弥 千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)

神社の改憲運動

 安倍首相は新年の施政方針演説で改憲への意欲を示した。これに呼応するかのようにお正月の境内に署名用紙を置き、改憲への署名を募っている神社があった。初詣に来た一般の人々の中には驚いた人も少なくなかったのではないだろうか。

初もうでの参拝者でにぎわう播磨国総社=姫路市総社本町拡大全国、どこの神社も初詣の参拝者でにぎわった=2016年1月1日、兵庫県姫路市総社本町播磨国総社(本文とは関係ありません)
 一部の神社だけがこれを行っているのではなく、宗教法人・神社本庁によると「『美しい日本の憲法をつくる国民の会』」の運動の一環として、各神社が実情にあわせて署名集めをしている」のだという。

 この会は憲法改正の実現を目指して2014年10月に発足し、神社本庁の総長が国民の会の代表発起人の1人である(東京新聞、2016年1月23日付)。

 神社本庁の政治団体「神道議員政治連盟」には衆参あわせて303人の議員が属し、安倍首相をはじめ内閣の中で5分の4以上もの閣僚が加わっているという。

 このような状況を見ると、多くの神社が安倍内閣と連動して改憲運動をしていると見られても仕方ないだろう。

 その改憲を求める署名用紙の表現は「憲法の良い所は守り、相応しくなくなったところは改め……」というようにソフトな表現になっている。

 けれども、自民党の改憲草案などもあわせ考えると、神社界のこのような動きは戦前のような「国家神道」の復活を狙っているのではないかという批判が現れている。改憲草案第20条では政教分離から神社を例外にしようとしているのではないかという疑いが出されているからである。

 この署名運動をどう考えるべきだろうか。

政教分離には反しない ・・・ログインして読む
(残り:約2350文字/本文:約3004文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

小林正弥

小林正弥(こばやし・まさや) 千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)

1963年生まれ。東京大学法学部卒業。2006年より千葉大学大学院人文社会科学研究科教授。千葉大学公共研究センター共同代表(公共哲学センター長、地球環境福祉研究センター長)。専門は、政治哲学、公共哲学、比較政治。マイケル・サンデル教授と交流が深く、「ハーバード白熱教室」では解説も務める。著書に『対話型講義 原発と正義』(光文社新書)、『日本版白熱教室 サンデルにならって正義を考えよう(文春新書)、『サンデル教授の対話術』(サンデル氏と共著、NHK出版)、『サンデルの政治哲学 〈正義〉とは何か』(平凡社新書)、『友愛革命は可能か――公共哲学から考える』(平凡社新書)、『人生も仕事も変える「対話力」――日本人に闘うディベートはいらない』(講談社+α新書)、『神社と政治』(角川新書)など多数。共訳書に『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業』(ハヤカワ文庫)など。

 

小林正弥の記事

もっと見る