メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

「緊急事態条項」をめぐる徹底討論、29日公開

礒崎陽輔・自民党憲法改正推進本部副本部長 VS 木村草太・首都大学東京教授

松本一弥 朝日新聞夕刊企画編集長、Journalist

「問題がありすぎる」 VS 「あくまで目標だ」

木村草太さん拡大木村草太さん
礒崎陽輔さん拡大礒崎陽輔さん

 大規模な自然災害や外部からの武力攻撃、テロなどの非常時における政府の権限を定める「緊急事態条項」を憲法に盛り込むべきかどうかが、改憲論議の焦点として浮上しています。

 安倍晋三首相はこの条項の新設に意欲を見せていますが、「実態は『内閣独裁権条項』ではないか」など様々な批判が出ています。このホットなテーマをめぐって、憲法改正草案にこの条項を盛り込んでいる自民党の憲法改正推進本部副本部長で参議院議員の礒崎陽輔氏と、憲法学者で首都大学東京教授の木村草太さんが徹底討論します(司会は松本一弥・WEBRONZA編集長)。

 対談の内容は4月29日付の朝日新聞朝刊オピニオン面とハフィントンポスト日本版のWEBRONZAブログに掲載するとともに、対談の全文はWEBRONZAに5月6日までの期間限定で無料公開します。ご一読いただければ幸いです。

 (撮影:吉永考宏)


筆者

松本一弥

松本一弥(まつもと・かずや) 朝日新聞夕刊企画編集長、Journalist

1959年生まれ。早稲田大学法学部卒。朝日新聞入社後は東京社会部で事件や調査報道を担当した後、オピニオン編集グループ次長、月刊「Journalism」編集長、WEBRONZA(現「論座」)編集長などを経て現職。満州事変から敗戦を経て占領期までのメディアの戦争責任を、朝日新聞を中心に徹底検証した年間プロジェクト「新聞と戦争」では総括デスクを務め、取材班の同僚とともに石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、JCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞、新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞した。早稲田大学政治経済学部や慶応大学法学部では非常勤講師などとしてジャーナリズム論や取材学を講義した。著書に『55人が語るイラク戦争ー9.11後の世界を生きる』(岩波書店)、共著に『新聞と戦争』(上・下、朝日文庫)。

松本一弥の記事

もっと見る