メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「『落日』の資本主義」 水野和夫×白井聡

朝日新聞 関西スクエア 中之島クロストーク

水野和夫×白井聡

 政治学者の白井聡さんがホスト役を務める対談・対論イベント「第8回 関西スクエア 中之島クロストーク」(朝日新聞社主催)が6月11日、大阪市北区の中之島フェスティバルタワーであった。ゲストに元大手証券チーフエコノミストの水野和夫さんを迎え、行き詰まりつつあるように映る資本主義について語り合った。

「成長戦略は間違い」

 白井さんはまず、参院選を前にアベノミクスの是非について問うた。

日本の資本主義について話す経済学者の水野和夫さん(左)とホスト役の白井聡さん=201661111日午後、大阪市北区拡大日本の資本主義について話す経済学者の水野和夫さん(左)とホスト役の白井聡さん=2016年6月11日、大阪市北区
 水野さんは「そもそも成長戦略をとることが間違っている。日本は1990年代半ばから成長できない仕組み」「量的緩和をして国内で投資をしてくれと言っても、グローバリゼーションの下では海外へとお金が容易に出ていく」と答えた。

 白井さんは、自らも水野さんも読んでいるという話題の書『時間かせぎの資本主義』(ヴォルフガング・シュトレーク著)の内容に触れながら、「需要を拡大するため個人に借金をさせてきたが、そのどん詰まりがリーマン・ショック。不良債権化した個人の借金が国家の借金に付け替えられた」と、ここ数十年の世界経済を概観した。

 これを受けて水野さんは「70年代に入り、(米国が金とドルの交換を停止した)ニクソン・ショックや、ベトナム戦争で政治と経済の秩序がおかしくなった。それを打破するための金融自由化やグローバル化だったが、先進国は成長率が上がらず、新興国の代表の中国も過剰生産に陥った」「サハラ砂漠より南では生死のぎりぎりのラインで生活する4億人がいる。ここ30年で、資本主義は70億人すべてを豊かにする仕組みではないことがわかった。ただ、代替案がない」と話した。

 また水野さんは国内政治について、「政府が ・・・ログインして読む
(残り:約1141文字/本文:約1841文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

水野和夫×白井聡

水野和夫×白井聡 

みずの・かずお 1953年、愛知県生まれ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフエコノミストなどを経て、いまは法政大学教授。著書に「過剰な資本の末路と、大転換の未来」など。
しらい・さとし 1977年、東京都生まれ。京都精華大学専任講師。今月、共著「誰がこの国を動かしているのか」「リベラル再起動のために」を相次いで刊行。