メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(4)

第1章 3.発想や言い回しが同じ 4.考え込む、あいまい表現も同じ

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大全盛期の「KARA」。「観客の皆さんと呼吸を合わせて一緒に楽しめるライブが好き」と話していた=2011年
 アンニョンハシムニカ!

 始めてから3週間、3時間分やってきました。今回は総論である第1章の締めくくりです。

「そう?」「ふーん」日本語並みのテンションで許されます!

 私は、外国語を勉強する時、話す時に最も重要なことは、自分にストレスがたまらないようにすることだと思っています。

 例えば、英語で「なるほど」「そうですか」「本当に?」などの相づちが得意ではありません。それは言葉を繰り出す文化が違うからだと思っています。日本語だと「そう?」「ふーん」などと適当に返しているのに、英語になると、口角とテンションを上げて「グレイト!」「ファンタスティック!」「リアリー?」などと振り絞らないといけないからです。私の思い込みも多少あるのでしょうか…。

 その点、韓国語は、ほぼ日本語並みのテンションで許してくれます。頭の中で、主語と述語を入れ替えたり、難しい単語を引っ張り出したりする必要もありません。

 冒頭の写真は、日韓で活躍しK-POPの火付け役でもあったKARAです。どこにでもあるような小さな恋や出会いを分かりやすい言葉と軽快なメロディーで歌いました。

 「アンブレラ」という曲の出だしは、日本語バージョンでは「あなたを見てると胸がふるえる」と歌うのですが、さて、「あなた」は韓国語バージョンでは何と言うのかと気になりました。いろいろな言い方があるからです。実際聞いてみると、「ノ」でした。「あなた」の言い方の妙については「ちょっと寄り道」で触れることにします。

「あるかもしれませんよ」あいまいな言い方が使えます!

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る