メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

フジテレビ「タイキョの瞬間!密着24時」で、東京入国管理局がベトナム人女性を摘発する場面=6日の放送から 拡大フジテレビ「タイキョの瞬間!密着24時」で、東京入国管理局がベトナム人女性を摘発する場面=2018年10月6日の放送から

10月16日(火) 午前中「報道特集」の定例会議。その後、米中間選挙取材に関する打ち合わせ。沖縄タイムスの連載終了にともない、沖縄からいくつかのメールが寄せられる。

 午後6時半からNY在住のノンフィクション作家・青木冨貴子さんが来日中で、久しぶりにお会いしてお話をうかがう。民主党にはいまだにサンダース上院議員を支持している左派パワーが強いこと、NY州やテキサス州で起きていることが注目とのこと。トランプのアメリカは本当にどこへ行くのだろうか。今週のネタは、サウジアラビアの記者がトルコ領内の領事館で殺害された疑いが強い例の事件について徹底報道するという。

10月17日(水) 朝10時の便で伊丹経由、京都に向かう。同志社大学の内藤正典教授にインタビュー。サウジとトルコ、カタールの関係についてとても面白い視点からの話をうかがうことができた。サウジアラビアが普通の民主国家とは全く違う「サウド家の私有物としての国」という位置づけを忘れてはいけないとも。同志社大学のキャンパスはとても恵まれた環境にあると思った。

 そのまま17時伊丹発の便で東京に戻るはずだったが、空港付近の渋滞で何とわずか3分違いで搭乗が締め切られてしまった。空港のカウンター職員がロボットみたいな対応をとる人で、どうしようもなかった。まいった。18時半からの会合にはもう間に合わない。何と50分遅れで会合場所に到着。本当に申し訳ないことをした。

 会合の後、少々喉が渇いて、神保町のYに向かう。Uさんのことが気になっていたので。するとそこにはドイツ人の男性とその奥さんのロシア人がいて、何やら酔っ払ってお客さんと話をしていた。ロシア語で話しかけると先方が乗ってきて、何やらとりとめのない話を英語とロシア語で続行。入院中のUさんのお見舞いに行かなくては。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る