メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

米朝関係悪化の一因?情報機関が注目するある事件

スペインの北朝鮮大使館襲撃事件で取りざたされるCIAの関与 

高橋 浩祐 国際ジャーナリスト

donfiore/shutterstock.com拡大donfiore/shutterstock.com

犯行現場はスペイン・マドリード

 今、世界の外交官や情報機関に関わる人々の間で、注目を集めている事件がある。このところ対米交渉の中止と核ミサイル実験の再開をちらつかせ、アメリカ相手に再び強硬姿勢を示し始めた北朝鮮だが、その一因になっている可能性がある。

 それは、金曜午後の平日白昼に起きた、実に大胆不敵な犯行だった。

 事件は2019年2月22日、スペインの首都マドリードで起こった。スペインのエルパイス紙など現地メディアの報道によると、同日午後3時ごろ、マドリード北西部アラバカ地域の住宅街にある北朝鮮大使館に突如、銃で武装した覆面姿の男10人が押し入った。

 武装集団は、中にいた大使館職員8人の頭にビニール袋をかぶせ、体を縛ったうえに殴打して尋問。2時間にわたって職員たちを拘束した。同日午後5時ごろ、女性職員1人が2階の窓から飛び降りて脱出し、悲鳴をあげながら近所に連絡し、その隣人が警察に通報した。

 地元警察がパトカーで大使館に駆け付けると、東洋系の男性が「何も問題は起きていない。通常通りだ」と応対した。しかし、その後すぐに、アウディとメルセデスベンツのバンの高級車2台が大使館のゲートから全速力で走り出して去った。それらは、犯行グループが逃走用に使った、外交官用のナンバープレート付きの大使館の車だった。車は近くの通りで乗り捨てられていた。

 武装集団は、金銭や貴金属品は一切取らず、コンピューターやデジタルファイル、携帯電話を奪って逃げていた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋 浩祐

高橋 浩祐(たかはし・こうすけ) 国際ジャーナリスト

英国の軍事専門誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」東京特派員。1993年3月慶応大学経済学部卒、2003年12月米国コロンビア大学大学院でジャーナリズム、国際関係公共政策の修士号取得。ハフィントンポスト日本版編集長や日経CNBCコメンテーターを歴任。朝日新聞社、ブルームバーグ・ニューズ、 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、ロイター通信で記者や編集者を務める。

高橋 浩祐の記事

もっと見る