メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「日韓」の悪化、「対北朝鮮」に悪影響

日韓の相互不信は深まるばかり。これでは双方の北朝鮮交渉も進みそうにない

鈴木拓也 朝日新聞記者

拡大シンガポールで開かれたアジア安全保障会議の夕食会で握手する岩屋毅防衛相(右)と韓国の鄭景斗国防相。岩屋氏が笑顔で握手を交わしたことに対し、自民党内から批判が出た=2019年5月31日、韓国国防省提供

北朝鮮のミサイル発射にも日韓に温度差

 2月にベトナム・ハノイであった2回目の米朝首脳会談が物別れとなり、北朝鮮は5月上旬に複数の短距離弾道ミサイルを発射した。国連安全保障理事会の制裁決議違反となる弾道ミサイルの発射は2017年11月以来で、挑発行為のエスカレートが懸念されている。

 こうしたなか、5月31日から6月2日にかけてシンガポールで開催されたアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)では、今年も北朝鮮の核・ミサイル問題が主要議題の一つになった。日米中韓の政府高官らが主張を述べたが、その中で韓国の鄭景斗国防相の発言内容は北朝鮮への配慮がにじみ出ており、文在寅政権の苦しい立場を物語っている。

 鄭氏は演説などで、南北軍事境界線近くでの敵対行為の停止など、昨年9月の南北首脳による軍事分野合意を取り上げ、北朝鮮が「徹底して履行し、対話の場を壊さないように努力もしている」と評価した。

 日米両政府は発射されたミサイルが制裁違反となる弾道ミサイルと断定している。これについても「弾道ミサイルなのか、違うのかといったたくさんの話が出ている。一節にはロシアの(短距離弾道ミサイル)『イスカンデル』と同一の新型ミサイルとの話もあるが、韓国政府は分析中だ」と言及を避けた。

 そのうえで、ミサイル発射の意図について「米国に譲歩という政策変化を願う部分がある。平和的な対話で解決しなければならないという意味が込められている」などと指摘。米国の歩み寄りにも期待した。北朝鮮に「弱腰」とも取れる発言が続き、隣で聞いていた岩屋毅防衛相が、「ショート・レンジ(短距離)であれば許されると、北朝鮮に誤解を与えてはいけない」と釘を刺す場面もあった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

鈴木拓也

鈴木拓也(すずき・たくや) 朝日新聞記者

1975年、神奈川県生まれ。産経新聞社を経て、2003年に朝日新聞社入社。社会部で警視庁捜査1課、政治部で首相官邸や外務省などを担当。2017年4月から国際報道部に所属し、北朝鮮問題や日韓関係を中心に取材している。

鈴木拓也の記事

もっと見る