メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

事件発生から1週間、現場近くには数多くの花束が手向けられ、行き交う人たちが手を合わせていた=4日午前7時7分、川崎市多摩区2019年6月4日拡大川崎・登戸の殺傷事件から1週間、現場近くには数多くの花束が手向けられていた=2019年6月4日

6月4日(火) 午前中、「報道特集」の定例会議。前半の特集は参議院選挙の一人区に焦点をあてたものになりそうだ。川崎の殺傷事件やその後の元農水事務次官の長男殺害など、時代を映し出す事件への無反応に内心苛立っていたので、先週のネタは米中貿易摩擦ではなく、そっちの方だったんじゃないの、程度の感想を言ったが全くの無反応だった。議論をしないのだ。いつからこんな御前会議みたいなふうになってしまったのか。息苦しい。

 川崎の殺傷事件の現場をみる。いまだにひっきりなしに献花に人々が訪れていた。現場のひとつとなったコンビニ前の道路脇に記者が座り込んでパソコンで記事を送っていた。この風景自体が非日常なのだが。

 局に戻って「調査情報」の原稿をひたすら書く。三島由紀夫の天皇制について。というよりは、三島由紀夫の「戦後否定」の根拠としての、日本人の戦後の精神性の喪失、つまり金さえ儲かればいい、過去なんてどうでもいい、日本人として生きていくうえでの「論理的な一貫性」=integrityの欠如を問う姿勢について書きたいと思っていたのだ。今から考えると、「三島由紀夫VS東大全共闘」のフィルムに何故僕があれほど惹かれたかの根っこには、このことがあったのだと思う。

 午後になって「報道特集」の特集が急遽差し替えになって、「引きこもり」についてやるという。何があったのかよくわからない。福岡県在住の奥田知志さんの意見に深く考えさせられたことがあったので、そういう深掘りができればいいと思っていたのだが、参議院選挙の企画は予定通り取材を進めるという。それで僕はあした秋田へ行くことになる。そう言えば今日はあの天安門事件から30周年の日に当たる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る