メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

北朝鮮の短距離弾道ミサイルは許されない

ミサイル発射実験への反応が弱い国際社会。トランプ米大統領の言動には疑問だらけ

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

拡大2019年7月25日に発射された飛翔(ひ・しょう)体。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信

 北朝鮮が7月25日から8月24日までの1カ月間で7回、日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を発射。7回目の直後、日本政府は飛翔体を「弾道ミサイル」と断定した。

 北朝鮮が今回、打ち上げた飛翔体の多くは、短距離弾道ミサイルだと見られている、ところが、これに対する国際社会の反応はすこぶる弱い。批判する国はあってもささやき程度で、大きなうねりにはなっていない。この重大事にもかかわらず、国連安保理に緊急会議を要請する国もない。北朝鮮の高笑いが聞こえてくるようだ。

 とりわけ気になるのは、トランプ米大統領の発言だ。思わず耳を疑いたくなるような珍妙な内容である。

安保理決議に違反しているはずが……

 一連のミサイル発射実験について、トランプ大統領は北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長から10日に届いた手紙のとおり、米韓軍事演習が終われば発射も止まると言っていた。だが、実際には演習が終了してからわずか4日後、さらに2発が発射された。韓国が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)破棄通告をした直後であった。

 言うまでもなく、北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射実験は、国連安保理決議に明確に違反している。決議では、長距離だけでなく短距離も含めて、北朝鮮による弾道ミサイルの実験はすべて禁止されているからだ。

 にもかかわらず、トランプ大統領は8月23日の夜、「我々は短距離ミサイルは制限していない」と記者団に語ったという(朝日新聞8月25日朝刊)。アメリカ大陸に到達可能な長距離ミサイルは断じて許さないが、短距離はそもそもアメリカには届かないので、“米朝合意”には含まれていない、というのである。

 金正恩氏については、「彼はミサイル実験が大好きだ」と語るにとどめ、さらに「われわれも大きなミサイルの発射実験を、この間、行った」とも述べた。アメリカが8月18日、カリフォルニア州のサンニコラス島で地上発射型の中距離巡航ミサイルの発射実験をおこなったのを受けたものだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る