メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

サルコジが日本で面会。ゴーン奪還に動くフランス

即位の礼で来日のサルコジ元大統領はなぜ、フランス大使館でゴーンと会ったのか

山口 昌子 パリ在住ジャーナリスト

拡大公判前整理手続きのため東京地裁に入るカルロス・ゴーン被告=2016年6月24日、東京・霞が関

 フランス国家(「政府」ではない)がカルロス・ゴーンの“奪還作戦”に乗り出したようだ。この秋、新天皇の即位式にフランス国家を代表して出席したニコラ・サルコジ元大統領が、密かに長時間、カルロス・ゴーンと面談していたことが判明。くわえて、右派政党・共和党などの主力議員を中心に「フランスでの公正な裁判を要請する」との署名運動も展開される。国家の威信を重んじるフランスの作戦は、はたして奏功するだろうか?

フランス大使館での長時間の会話

拡大「即位礼正殿の儀」に参列するフランスのサルコジ元大統領=2019年10月22日、皇居・宮殿
 サルコジは10月22日に行われた新天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に、フランス国家を代表して出席した。その折、東京・麻布のフランス大使館でカルロス・ゴーンと会ったと、11月17日発行の日曜新聞「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」が報じた。サルコジ自ら、同紙の取材に対し、「わらわれは長時間の会話を交わした」と言明している。

 サルコジはマクロン大統領の指令のもと、「フランス国家代表」の資格で新天皇の即位式に出席するため来日した。しかも、ゴーンと面談した場所はフランス大使館である。とすると、今回のサルコジの動きはフランス国家公認、背後にマクロン大統領がにいると考えるのが自然だろう。

 同紙には、サルコジの出身母体である右派政党・共和党(LR)と中道右派政党・民主独立連合(UDI)などの20人以上の議員が参加した「カルロス・ゴーンは公正な裁判を受けるべきだ」との署名と、本国での裁判を要請する「呼びかけ」も同時に掲載された。署名には、LRの新総裁に選出されたばかりのクリスチャン・ジャコブ、ジェラール・ロンゲ元国防相、UDIのジャン=クリストフ・ラガルド党首ら野党の有力議員。さらに、政権党・共和国前進のアンヌ・ジェネト外交委員も名を連ねている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) パリ在住ジャーナリスト

パリ在住ジャーナリスト、著書に『ココ・シャネルの真実』『フランス人の不思議な頭の中』『パリの福澤諭吉』『原発大国フランスからの警告』『フランス風テロとの戦い方』『大統領府から読むフランス300年史』など多数。

山口 昌子の記事

もっと見る