メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

スペインが問う「政治の劣化」という問題

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大Marcos del Mazo Valentin/Shutterstock.com
 この4年に4回行った選挙も、結局、局面打開に至ることなく終わった。さすがに5回目はもう嫌だろう。スペイン国民の困惑は想像するに余りある。

 4月総選挙の後、社会労働党のペドロ・サンチェス首相は半年に及ぶ連立交渉の果て再度の総選挙実施を選んだ。11月10日の選挙に、サンチェス首相は自らの党が20議席ほど上積みすることを期待して臨んだ。しかし、結果は逆に3議席減の120議席。再び、350議席の過半数に遠く及ばない。改めて連立交渉が始められるのだろうが、代わり映えしない結果では明確な展望が描けるはずもない。ただ一つはっきりしているのは、いかなる政権が発足しようと強力な政権は見込めないということだ。しかし、そうこうしている間に、好調な経済に影が差しつつある。失業率は14%と高止まりの様相で、人々の景況感は悪化、成長も鈍化の見通しだ。

中道右派に手痛い打撃

 今回の総選挙で最も手痛い打撃を被ったのが中道右派の「シウダダノス」だ。実に4月の選挙時に比べ47議席減の10議席という散々たる有り様。有権者は連立交渉失敗の原因はシウダダノスにあると見た。

 4月の総選挙が終わった段階で、社会労働党123議席、シウダダノス57議席。もし、シウダダノスのアルベルト・リベラ党首が、サンチェス首相の求めを入れ連立に応じていたら過半数を占める政権が発足していた。中道左派と中道右派の組み合わせは改革志向の政権としてうってつけだ。労働市場の活性化、福祉の見直し等、スペインが直面する多くの課題に取り組む絶好の政権が出来上がっていたはずだ。しかし、リベラ氏はサンチェス首相の求めを拒絶。理想の組み合わせはあえなく水泡に帰した。

 リベラ氏は有権者の関心は「右」にあると見ていた。従って、シウダダノスの「中道右派」のポジションは「左」ではなく「右寄り」にシフトさせる必要がある。社会労働党と連立するのではなく、むしろカタルーニャ問題に強硬な姿勢をこそ示さなければならない。しかし、シウダダノスの右にはれっきとした右派政党が、国民党に「ボックス」と二つもある。右に寄ったシウダダノスの位置づけは俄然あいまいになり、有権者に対するアピール力を失ってしまった。

 他方、リベラ氏に拒絶されたサンチェス首相は、やむなく次善の策として急進左派ポデモスとの連立を模索する。しかし、もともと交渉に乗り気だったわけではない。案の定、話し合いは何の成果も生むことなく連立に向けたすべての試みが幕を閉じた。有権者はこの事態を見て、今回の混迷の主犯はシウダダノスだとしてその議席を大幅に減らしたのだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、現在、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」(創成社)「スイスが問う明日の日本」(刀水書房)等。

花田吉隆の記事

もっと見る