メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

拡大ドイツ社会民主党の新党首への就任が決まり、喜びを表すワルターボーヤンス氏(左)とエスケン氏=2019年12月6日、ベルリン、野島淳撮影

 11月30日に行われた社会民主党(SPD)の党員大会で、ノーベルト・ヴァルターボーヤンス元ノルトライン・ヴェストファーレン州財務相とザスキア・エスケン連邦下院議員が新党首に選ばれ(得票率53.1%)、12月6日からの党大会で正式に了承された。誰もが、オラフ・ショルツ財務相のペア(同45.3%)が選ばれるものと思っており、まさかの番狂わせにドイツ政界が激震に揺れた。新党首となる二人はほとんど無名の存在で、わずかにヴァルターボーヤンス氏が州財務相当時、課税忌避対策で活躍したことが知られる程度だ。100年を超える老舗政党は、存亡の危機にあたり党の再生をこの両名に託した。これは二つの点で重要だ。

連立政権の行方は?

 第一は連立政権の行方だ。両名は連立離脱を表明している。

 現在のメルケル政権は、キリスト教民主社会同盟(CDU/CSU)とSPDの大連立政権である。かねてより、SPD内では連立維持派と離脱派が対立、2005年メルケル政権発足以来4期のうち3期にわたり大連立が続いてきたものの、党内には常に反対意見がくすぶり続けていた。ショルツ氏は維持派で、これまでの路線の延長線上に位置する。この路線が今回明確に否定された。

 仮に、SPDが連立を離脱すれば、CDU/CSUにとり選択肢は二つしかない。少数与党として弱体のまま政権維持にあたるか、2021年予定の総選挙を前倒しするかだ。少数与党になれば、法案審議の都度、他党の支持を求め折衝を繰り返さなければならず、政権の安定度は大きく損なわれる。

 では選挙を取るかだが、現在、世論調査でCDU/CSUは支持率25%程度と第一党は維持するものの、趨勢として低落傾向は否定しがたい。仮に、緑の党が今の勢いで第一党にでもなれば、CDU/CSUは首相の座を明け渡さなければならなくなる。その可能性はないわけではない。仮に、CDU/CSUが第一党を維持したとして、同党は、緑の党、自民党(FDP)との連立を模索することになろうが、これは一度2017年選挙後に試み失敗した組み合わせだ。今度、試みたからといってまとまる保証はどこにもない。つまり大連立が崩壊すれば、CDU/CSUの権力基盤は直ちに不安定化せざるをえない。

 ただし、ヴァルターボーヤンス氏らは、すぐ離脱に走るわけではないとし、まずは、最低賃金引き上げやより一層の気候変動対策等に向け、連立協定の再交渉を始めたいという。これに対し、CDU/CSUは連立協定の再交渉などありえないと突っぱねる構えだ。

 離脱派がいまひとつ煮え切らないのは、選挙になれば、SPDも今の議席を大きく下回ることが必至だからだ。既に同党の支持率は、前回2017年の総選挙時(得票率20.5%)から7ポイントも落ちている。離脱、離脱と騒いでも、今、選挙になられてはSPDも困るわけだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

1953年生まれ。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、現在、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」(創成社)「スイスが問う明日の日本」(刀水書房)等。

花田吉隆の記事

もっと見る