メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナの時代にこそ政治家は自らの哲学と構想を語れ

「ポスト安倍」を担う自民党の総裁候補に求められること

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

 終戦直後の保守政治家には二つのタイプがあった。戦争が「終わってよかった」という人と、「負けて惜しい」という人だ。

 程度の差あはっても、日本人の誰もがその二つの気持ちがないまぜになって終戦を迎えたであろうが、どちらの気持ちが強かったかによって思想の潮流は二つに分かれる。

終戦を前向きに受け止めた石橋湛山

 「終わってよかった」派には、鳩山一郎、吉田茂、石橋湛山といった、いずれも首相をつとめた政治家たちがいる。

 石橋湛山は1945年8月15日の昼、疎開先の秋田県の横手で、ラジオから流れる終戦の玉音放送を聴いたが、周辺の多くの人が落胆する様子に驚く。そこで、午後、横手の人たちを集めて、「前途洋々たり」という講演をした。

 その夜、書斎にこもった湛山は「更正日本の将来は前途洋々たり」という論文を書き上げ、自らが主宰する雑誌「東洋経済」8月25日号に発表する。その後も戦後日本の政治と経済の構想を9回にわたり発表して、明るい展望をひらいた。

拡大自民党大会で新総裁に選ばれ、あいさつする石橋湛山氏=1956年12月14日 、東京都千代田区大手町の産経ホール

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る