メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

吉村洋文・大阪府知事のイソジンうがい推奨は何が間違っているのか?

維新の会の“体質”であるリスク無視の「Good Try」論こそが問題だ

米山隆一 前新潟県知事。弁護士・医学博士

拡大ポビドンヨードうがい薬について説明する大阪府の吉村洋文知事=2020年8月5日、大阪府庁

波紋を広げた吉村知事の「うそのような本当の話」

 大阪府の吉村洋文知事が8月4日に緊急の記者会見を開き、「うそのような本当の話をする」と強調した上で「ポビドンヨードのうがい薬をすることで、このコロナにある意味、打ち勝てるんではないかとすら思っている」などと発表したことが波紋を広げました。(参考)。

 批判を受けた吉村知事は翌日の記者会見で「誤解があるようなところも見受けられます」「予防効果があるということは、これは当然、そういうのは一切ないわけでして、そういうことも言ってませんし、予防効果があるわけでもない、それから治療薬でもないということを申してます」と軌道修正しました。

 その一方で、「僕自身は、うそみたいな本当の話っていうのはまさにそのとおりだと思ってまして、正確に丁寧に伝えるというのは、それはマスコミのメディアの皆さんも編集権があるわけですから、やるべきじゃないですか。」「これがうまく浸透していけば人にうつすという行為がなくなってくれば、どんどんこれは下がっていくわけなので、そうなってくれば僕はコロナに打ち勝てるんじゃないかと思っています」として、ポビドンヨードによるうがいによって新型コロナ感染症を制御できるという見解は変えませんでした。

 さらに、「僕がそういうふうに感じたところをしゃべったら、それは間違いだとか言われたら、僕自身はこれ、言いたいことも言えなくなる」とし、基本的には自らの発表は問題なく、伝わり方、若しくはマスコミの伝え方に問題があったとの認識を示しました(参考)。

 同時に、吉村知事自身がツイッターであらためて「感染拡大防止への挑戦。」と表明し(参考)、日本維新の会馬場幹事長が、吉村知事の記者会見に複数の医療団体が抗議声明を出したことに対して、「ひどいね〜 批判してる団体は共産党系、普段から政府や役所を批判している。今の制度がダメなら実現性のある提案をお願いします!」とツイートしました(参考)。

 また、タレントの松本人志氏が「これに懲りずにどんどん次から次へといろんなアイデアを出して欲しいと、吉村さんには思う。これでみんながたたくと、どんどんいろんなお偉いさんたちが萎縮してしまうので」と支持を表明(参考)。高須克也高須クリニック院長も「マスクを推奨するのとイソジンのうがいを推奨するのと何が違う?」(参考)として吉村知事の記者会見は問題ないとする立場を表明しています。

 また、日本維新の会の松井一郎代表は8月4日の記者会見で、記者から「研究途中の発表は前のめりでは」と質問されると、「結果が出たのに、黙っていろと言うのか」と不快感を示した(参考)うえで、吉村知事を擁護する一連のツイートを、自身も自らの公式アカウントでリツイートしています。

 以上をまとめると、「イソジン(ポビドンヨード)うがい研究」についての日本維新の会の公式見解は、「イソジンうがいを推奨した吉村知事の8月4日の記者会見は、内容が不正確に伝わったが、その責任はマスコミにもあり、推奨それ自体は『感染拡大防止への挑戦』((Good Try〈グッド・トライ〉)だから非難には当たらない」というものだと考えられますし、上述の通り少なからぬ著名人がその立場に賛同しています。

 しかし、このような考え方は、「医薬品の安全の確保」という考え方をまったく理解していない極めて危険なものだと思います。あわせて、この「イソジンうがい研究」の一件は、「日本維新の会・大阪維新の会」という政党の政策に対するスタンスを如実に示していると思われますので、本稿では、この2点について論じたいと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山隆一

米山隆一(よねやま・りゅういち) 前新潟県知事。弁護士・医学博士

1967年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学系研究科単位取得退学 (2003年医学博士)。独立行政法人放射線医学総合研究所勤務 、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、 東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、最高裁判所司法修習生、医療法人社団太陽会理事長などを経て、2016年に新潟県知事選に当選。18年4月までつとめる。2012年から弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士。

米山隆一の記事

もっと見る