メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

辞めた首相は何を望むのか 元老を目ざした?吉田茂~河井弥八日記から 

天皇の「側近相談役」設置を考えた吉田。望んだのは戦前の元老や重臣のような存在?

小宮京 青山学院大学文学部教授

 2020年8月、安倍晋三首相が突如として退陣を表明した。その後、自民党総裁選で菅義偉官房長官が勝利し、後継首相に就任したのは記憶に新しい。

 新型コロナウイルスの「第3波」が猛威をふるい、菅首相の判断が世論から注目されるなか、安倍前首相をめぐって「桜を見る会」をめぐる問題が再浮上。自ら国会で説明するなど、首相を辞めてもなお、安倍氏の動向に注目が集まっている。

 歴代首相を見ても、森喜朗元首相や鳩山由紀夫元首相のように、今も何かにつけてその動向が報じられる例もあれば、村山富市元首相のようにあまり報じられない例もある。退陣後の元首相のありようもさまざまである。安倍前首相の場合はどうなるだろう。

拡大参院の議院運営委員会の冒頭、謝罪の言葉を述べる安倍晋三前首相=2020年12月25日午後3時15分、国会内

首相引退後の吉田茂は

 戦前の日本であれば、総理大臣経験者が元老や重臣と呼ばれる存在として遇されることがあった。だが、戦後の日本国憲法の下では、そうした存在は規定されず、首相を辞めた政治家がどのように振る舞うべきなのか、今なお判然としない。

 「一兵卒」として活動するのか、あるいは政界から引いて、時にご意見番のように登場するのか。

 その意味で注目すべきは吉田茂である。

 吉田は鳩山一郎の追放に伴い突如として政権を担い、一度は下野した。だが、首相として再登板すると、今度は長期政権を築くことに成功し、講和独立を実現した。第5次でその政権は終焉(しゅうえん)を迎えたものの、「吉田学校」の優等生である池田勇人や佐藤栄作らが政権に就いたことで、その後も言動に注目が集まった。そして佐藤政権下の1967(昭和42)年に亡くなった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小宮京

小宮京(こみや・ひとし) 青山学院大学文学部教授

東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。専門は日本現代史・政治学。桃山学院大学法学部准教授等を経て現職。著書に『自由民主党の誕生 総裁公選と組織政党論』(木鐸社)、『自民党政治の源流 事前審査制の史的検証』(共著、吉田書店)『山川健次郎日記』(共編著、芙蓉書房出版)、『河井弥八日記 戦後篇1-3』(同、信山社)など。

小宮京の記事

もっと見る