メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

驕れる者は久しからず~「安倍氏立件」はあるのか

安倍前首相に壊された法治国家を取り戻すために

佐藤章 ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

 「驕れる者は久しからず」という言葉、実に古今を通じての名言と言えよう。

 昨年の4月13日、東京・新宿御苑の桜名所に1万8000人もの招待客を呼んで5500万円もの国費をかけ、当時の安倍晋三首相が主人公然として満座の会場を歩き回った。数多くの芸能人や「安倍応援団」とも言うべき右翼言論人の面々、そして山口県からは安倍前首相の選挙区の有権者約850人が押し寄せ、前首相とともに記念写真を撮った。

拡大「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相=2019年4月13日、東京都新宿区

 「平成を名残惜しむか八重桜」

 挨拶に立った安倍前首相が紹介した自らの句だが、平成最後となったこの「桜を見る会」も今年、来年と開かれず、今後も開催されるかどうかはわからない。そして、安倍前首相の政治人生も、見ごろを終えた桜のように舞い散る可能性が少なくない。

 安倍前首相自身「名残惜しむ」心境なのかどうかは外部には伝わってこないが、現在の情勢から判断する限り、来年の総裁選出馬を目指すような政治活動は終了。政界引退の可能性も大きいと見られる。「桜を見る会」前夜祭の捜査をめぐって今後政界が激動する可能性もあるが、私に入ってきた情報を基に現時点での途中経過を報告しよう。

検察捜査、二つのシナリオ

 東京地検特捜部は安倍前首相に対して任意による事情聴取を要請している。特捜部は、前夜祭の収支について政治資金収支報告書に記載する義務があると判断しており、これを怠った安倍事務所の公設第一秘書ら10数人を任意で事情聴取。さらに安倍前首相本人から事情を聴く必要があると考えている。

 安倍前首相本人への事情聴取は今月中旬にも行われるが、聴取内容について、前首相側と検察側とに対立、争点があるようだ。

 安倍前首相側としては、基本的に「あくまで任意の聴取を受けるだけであり、前夜祭のことを聴くだけなら聴取を受けよう。他のことは聴かないでいただきたい」という考えだという。

 これに対して検察側は、前夜祭のことに限らず、様々な案件について聴取を行いたい意向のようだ。この争点は形式的なようにも見えるが、今後の捜査の進展を見極める上で重要なものだ。

 なぜだろうか。安倍前首相に対する今後の捜査の進展を大きく分けるなら、二つのシナリオが浮かんでくる。

 まず最初に考えられるのは、政治資金収支報告書への前夜祭収支不記載により安倍前首相の公設第一秘書らだけが略式起訴され、罰金刑などが科されるというシナリオ。この消極的なシナリオでは前首相本人は不起訴となる公算が強いが、それでも検察審査会でもう一度、起訴、不起訴の判断が問われることは間違いないだろう。

 次に考えられるシナリオは、安倍前首相を逮捕し、身柄を拘束した上で前夜祭以外の案件についても追及していくものだ。この積極的なシナリオであれば、当然安倍前首相の政治生命は終了するが、前者のシナリオでも前首相の政治勢力は格段に小さくなり、政界引退にまで追い込まれる可能性は少なくない。

 現在対立していると見られる安倍前首相側と検察側の事情聴取をめぐる争点は、この二つのシナリオに関わってくる。どちらのシナリオに沿って検察捜査が進むのかは現時点では不明だが、それぞれの可能性について検討してみよう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。最近著に『職業政治家 小沢一郎』(朝日新聞出版)。その他の著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

佐藤章の記事

もっと見る