メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

暗闘、駆け引き、失速、混迷……2020年日本政治の検証と21年の展望

新型コロナ、安倍政権退陣、菅新政権誕生、解散・総選挙……激動の政治の来し方行く末

星浩 政治ジャーナリスト

 2020年秋、安倍晋三首相が退陣し、菅義偉官房長官が後継首相に選ばれた。新型コロナウイルスの感染拡大で大きく揺れた日本政治の底流で何が起きていたのか。そして、21年の日本政治には何が待ち受けているのか。検証と展望を書いてみたい。(肩書は当時)

5月には「安倍vs菅」の対立が始まっていた

 元建設相で、いまは立憲民主党の中村喜四郎衆院議員は、2020年5月23日付の読売新聞の朝刊を読んでピンときた。

 「これは政変の幕開けだな」

 黒川弘務東京高検検事長が、賭けマージャンの責任を取って辞任、黒川氏の定年延長とそれを一般化する検察庁法改正案の成立断念の経緯を解説する記事だった。安倍晋三首相が周辺にぼやいたという発言が紹介されていた。

 「菅さんが『やった方がいい』と言っている。仕方がない」

 世論の強い反発を浴びた黒川氏の定年延長も検察庁法の改正も、菅義偉官房長官が主導した案件であり、安倍氏は乗り気ではなかったというのだ。

 「評判が悪かった黒川問題を、安倍氏は菅氏の責任にしようとしている。菅氏がその雰囲気を察知して反発するのは間違いない」と中村氏は見抜いた。「安倍vs.菅」の政変の匂いを感じ取っていたのだ。

 中村氏は1990年代前半、自民党の中核だった田中・竹下派のプリンスと言われながら、小沢一郎元幹事長との権力闘争や収賄罪での実刑判決などで政界の表舞台から姿を消していた。それでも、持ち前の鋭い政局観は衰えず、いまは自民党に対抗できる野党勢力結集に向けて、野党各党間の接着剤の役回りを演じている。

 中村氏の見立て通り、首相官邸では新型コロナウイルスの感染拡大をめぐっても、安倍首相と菅官房長官にすきま風が吹いていた。そんななか、休日返上でコロナ対策の会議に臨む安倍氏には、疲労の色がにじんでいた。

拡大インタビューに応じる中村喜四郎衆院議員=2019年9月17日、東京・永田町

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

星浩の記事

もっと見る