メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍の今を新しい雇用を作り出す好機に~日本版「幸福予算」のすすめ

成長と効率重視の「新自由主義」から卒業してヒューマンファーストの世界に

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

 「コロナ後」の新しい世界の社会経済システムを考え直す「グレート・リセット」の観点から、女性にからむ様々な問題を取り上げる連載「『グレート・リセット』と女性の時代」。コロナ禍で失職したり、収入が減る人が後を絶たないなか、4回目は、女性をめぐる働き方や収入の問題について考えます。
連載・ 円より子「グレート・リセット」と女性の時代 

 毎年恒例の忘年会のいくつかは、昨年は残念ながら取りやめました。それぞれ、20人以上という人数の集まりだったからです。

 ひとつは離婚女性の会。1980年代前半にできた会で、当初は再就職先の上司のセクハラへの対処や、別れた夫と子どもを会わせるべきかという相談など、毎月30〜40人が集まる賑やかな会でした。子どもたちに料理を教える合宿も毎年開いていましたが、主宰者の私の年齢に合わせるように会の平均年齢も高くなり、子どもたちも社会人になって、家を出ました。いま、ほとんどの会員は一人暮らしです。

働き続けている離婚女性たち

 彼女たちの共通点はいまだに働き続けていること。

 翻訳業務の正社員だった人は、定年後しばらくは契約で働いていたけれど、現在はコールセンターでの苦情処理担当。一日中座り続けで、苦情を聞き続けるのは相当疲れがたまると言います。別の女性は、市のシルバー人材センターに登録して、料理や家事代行に行っていたものの、月に働ける時間が制限されていて、それでは食べていけず、マンションの清掃員に転職しました。

 介護施設でヘルパーの仕事についていた二人は、高齢者の世話はやり甲斐があるけど、体がきつい、収入も低いし、と漏らしました。毎回1000円の会費でしたが、ワインとビールで口がなめらかになると、つい愚痴も出てくるのです。

安定していいよなと言われた私、非正規です

拡大新型コロナの影響を理由に雇い止めをした派遣会社に抗議する総合サポートユニオンのメンバー=2020年6月30日、東京都新宿区

 そんな日頃の鬱憤のはけ口だった忘年会が昨年はできず、そのかわりというわけではないですが、私のところにこんな電話がありました。

 電話をしてきたのは、役所の窓口でコロナで減収になった人たちの相談業務をする人でした。女性の相談が増えたことに驚いた。派遣で働く人からの、仕事がなくなってどうすればいいか、という相談が多かった。なによりショックだったのは、何人もの人から、あんたなんかに俺たちの辛さはわからないだろう、公務員は安定していていいよな、と言われたことだった、という。

 そう言ったあと、彼女はこう言ったのです。

 「円さん、ご存知だと思いますが、私、非正規公務員なんです!」

 悲鳴にも似た声に、私は言葉を失いました。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

円より子の記事

もっと見る