メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

女性が仕事と出産を両立できる社会をつくる妙案あり~責任は政治にあり

女性たちは悩んでいる。「マタハラ裁判」の悲劇を繰り返さないために

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

 「コロナ後」をにらみ、世界の社会経済システムを変えようという「グレート・リセット」。その観点から、女性を取り巻く様々な問題について考える連載「『グレート・リセット』と女性の時代」の5回目では、出産と働き方のあり方について考えます。
連載・ 円より子「グレート・リセット」と女性の時代

 今年の正月、テレビドラマ「逃げ恥SP」をご覧になった人もいるかと思います。同じ職場の女性社員が同時期に出産して休暇を取ると、職場が回らなくなるので、妊娠時期をずらすように言われている場面がでてきました。

 代替人員の確保ができないから、二人が同時に出産休暇や育児休暇をとったら、残っている社員の仕事量が倍増してしまうということで、法的には休暇が取れるようになっていても、妊娠を控えてしまうという笑えない話は、現実にもあります。そうこうしているうちに、産めなくなってしまう。

 子どもは神様の贈り物、天からの授かりもの。そうそう人間の思うようにはいかないのですが……。

妊娠前から迷う働く女性たち

 そんなわけで、仕事をする女性たちの多くは、仕事を続けるか、子どもを取るか、妊娠前から迷うことになります。

 女性が出産した時には、すみやかに人員を補充するシステムがあればいいけれど、会社が目先の利益を優先する現代社会では、「だから女性は採用しない」となりかねません。

 「逃げ恥」では、夫の平匡が育児休暇を申請しただけで、「男がなぜそんなに休むんだ」、「どうせ、何も役に立たないだろう?」、「それより仕事をしてくれよ」と言われてしまう。

 このドラマが、星野源のダンスと共に、女性たちに大人気だったのはまさに、現在の男社会を如実に表していたからだと、私は思います。

拡大

何回でも産みたかった!

 子どもを産むって、感動的で、ほんとうに楽しいことなんです。

 思えば、私が娘を産んだとき、状況はかなり厳しかった。夫の借金が膨れ上がっていて、夫は家に帰らず、だから子どもは一人で育てるしかないなと、生まれる5時間前まで仕事をしていたのです。でも、オギャーと出てきた赤ちゃんの顔を見たら、嬉しくて涙が出てきた。こんなに幸せな気持ちになれるなら、何回でも出産したいと思ったほどでした。

 子どもが生まれて5日で退院。翌日から仕事を始めました。地方出張は子どもと離れるのが悲しかったけれど、それでも稼ぐしかないと、バンバン仕事を引き受けていました。
当時35歳。「丸高」という、高齢出産のハンコを押されていましたが、まだ若くて身体が頑丈だったんですね。元気に産んでくれた親に感謝しました。そして、仕事がとにかくあったことにも。

 出産1カ月で札幌に出張した時、テレビの本番前におっぱいが張って痛くて、トイレに駆け込み、溢(あふ)れる乳を絞って捨てた時には、母乳を待っているに違いない娘を思って涙が出そうになりましたが、仕事のあるのはありがたかった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

円より子の記事

もっと見る