メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

失敗だらけの健康管理(上)「黒江部員が倒れましたっ!」徹夜続きで昏倒は武勇伝?

連載・失敗だらけの役人人生⑩ 元防衛事務次官・黒江哲郎が語る教訓

黒江哲郎 元防衛事務次官

拡大1998年、東京・西新橋での出勤風景

2017年まで防衛省で「背広組」トップの事務次官を務めた黒江哲郎さんの回顧録です。防衛問題の論考サイト「市ケ谷台論壇」での連載からの転載で、担当する藤田直央・朝日新聞編集委員の寸評も末尾にあります。

遠洋航海、食中毒で大目玉

 若い頃は、「年を取らないとわからないことなどあるはずがない」と本気で思い込んでいました。いわゆる若気の至りというやつです。私の場合、その最たるものが健康管理でした。若さにまかせて自分の体力を過信し、健康状態に無頓着だったこともあり、様々な体調不良に見舞われました。

 1983年(昭和58年)7月、若手キャリア恒例の三年目研修の一環として海上自衛隊のグアム遠洋航海の艦艇に同乗させて頂きました。これは海上自衛隊の部内幹部候補生向けの練習航海で、約1か月かけて呉からグアム、フィリピンを回り、沖縄経由で帰ってくるというものでした。艦内での三段ベッド生活や幹部候補生の実習訓練の見学、海上でのハイラインによる別の艦への移動(並走する二隻の間にワイヤーを渡し小さなゴンドラで移動=編集部注)や操艦・操舵の実地体験、さらにグアムやフィリピンでの現地研修はいずれも貴重で楽しい経験でした。

拡大1983年夏に遠洋練習航海に出発する海上自衛官たち=神奈川・横須賀。防衛省の動画「昭和58年 防衛庁記録」より

 そんな中、フィリピンのマニラに不幸が待っていました。寄港直前には必ず艦内で現地情勢に関するブリーフィングが行われ、様々な注意事項が伝達されます。フィリピンに関しては、食事の際に生ものや生水、海産物を避けるように特に注意がありました。寄港してすぐに乗組員全員がフィリピン海軍の歓迎昼食レセプションに招かれ、それが済むといよいよ上陸。自由行動となり、同期生何人かとつるんで市内観光に繰り出しました。

 若くて無謀だった我々は、注意を無視して市内のシーフードレストランでブイヤベースかなにかを食べ、さらにハイアライ(賭けの対象となっているスカッシュのようなプロスポーツ)を観戦に行きました。私はそこで小金まで儲けて、意気揚々と艦に帰ってきたのですが、その夜半から激しい腹痛と吐き気に襲われたのです。

 翌朝医官の診察を受け、「昨夜何を食べたのか」と問われ、命が惜しかったので正直に白状したところ、「だからあれほど海産物は食べるなと注意したじゃないかっ」と大目玉を食らいました。その日は艦内のベッドに寝たまま上陸する同期生たちをうらめしげに眺めていたのですが、時間の経過とともに様子が変わってきました。練習艦隊は確か三隻で構成されていたのですが、他の船でも同じ症状で倒れる実習生が出てきたのです。

 結局、隊全体で100人近く食中毒患者を出し、原因は我々の軽率な行動ではなくお昼のレセプションではないかとの疑いも出てきました。医官の怒りも少し和らぎましたが、それで症状が軽くなるわけもなく、せつかくの三日間のマニラ寄港もわずか半日しか上陸できず、賭けで儲けた現地通貨を使う機会もなく終わってしまいました。

 それにしても不思議だったのは、同じものを食べた他の同期生たちは何ともなく、私だけが発症したことです。私以外の同期生がみんな鉄の胃袋の持ち主だったのか、あるいはパーティで私だけが意地汚く大食したのか…。今はすっかり面影もありませんが、若い頃の私は「痩せの大食い」で、口の悪い同期生から「人間ディスポーザー」などと呼ばれていました。自覚はありませんが、私だけ食べ過ぎたのかも知れません。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

黒江哲郎

黒江哲郎(くろえ・てつろう) 元防衛事務次官

1958年山形県生まれ。東京大学法学部卒。81年防衛庁に文官の「背広組」として入り、省昇格後に運用企画局長や官房長、防衛政策局長など要職を歴任して2017年退官。現在は三井住友海上火災保険顧問

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

黒江哲郎の記事

もっと見る