メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

能吏型政治家・菅首相の限界と活かし方~安倍よりも岸元首相に似ている菅

不況、労働・教育問題、社会保障制度、日中関係……前途多難な局面で必要なことは

五百旗頭薫 東京大学大学院法学政治学研究科教授(日本政治外交史)

 昨秋、高い支持率で発足した菅義偉政権だが、日本学術会議会員候補のうち6人を任命から除外したことをきっかけに、首相の高圧的な政治手法への批判が強まり、さらに「Go To キャンペーン」への固執に象徴される新型コロナへの対応の遅さに非難が集中。さらに首相の長男がからむ官僚接待問題や、コロナ禍での与党議員の会食などの不祥事が続くなど失点続きで、支持率は低迷している。

 さりとて、野党が得点を挙げているかとえいば、さにあらず、国民の不満の受け皿にはなれていない。これはあまりにも言い古された指摘で、言うために口を開けるのさえ億劫(おっくう)なほどである。

拡大衆院予算委で答弁する菅義偉首相=2021年3月1日

失点を重ねたメディアの報道

 しかし、私はこの間一番失点を重ねたのは、実はメディアの報道だと思っている。

 菅が自民党総裁に当選した時、メディアは苦労人として礼賛する報道で大騒ぎした。だが、菅の政治手法に高圧的な面があることは、安倍晋三政権で官房長官をつとめていた時から霞が関の常識であり、まともに取材している記者ならば、皆知っていたはずである。

 案の定、菅の本性はすぐに露見した。そうすると、メディアは騒ぐ。お里は秋田だと騒ぎ、お里が知れたとまた騒ぐ。二度大騒ぎして、メディアとしては「一粒で二度おいしい」のかもしれないが、振り回された読者はいい面の皮である。

 いや、一粒で三度おいしいのかもしれない。「ガースーです」という発言やぎこちない笑顔、答弁の言い間違いや長男の官僚接待問題などで、弱い面、気弱な面が目立ち始めている。いじめっ子と思ったら、いじめられっ子かもしれない――。叩(たた)こうとする者にとって、これほど愉快なことはない。

菅首相とは何者か、何を求めるのか

 コロナ感染者が減り、ワクチンが入り始めた。コロナは小康状態に入るだろう。菅政権も、官僚接待問題がどう展開するか次第ではあるが、恐らく小康状態に入るだろう。とはいえ、ここで気が緩むと、これまでのコミュニケーションの不全がそのままになってしまう。それだと、夏に予定されている東京五輪・パラリンピック(オリパラ)ひとつ、気持ちよくできないだろう。

 オリパラは、たとえばワクチン接種を入国条件にするならば、外国人を入れて開催することも不可能ではないかもしれない。それでも開催への抵抗が根強いのは、オリパラさえ出来れば国民の機嫌がよくなるという、菅政権の算段が見え透いていることもあるのではないか。まだ危機感のある間に、菅首相が何者であるかについての定見を持ち、菅に何を求めるのかを考えた方が良い。

 そうでなければ、「菅イメージ」はまた豹変(ひょうへん)し、国民を振り回すかもしれない。なにしろ、今年の政治には、オリパラと選挙という波乱含みの要素があるからだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

五百旗頭薫

五百旗頭薫(いおきべ・かおる) 東京大学大学院法学政治学研究科教授(日本政治外交史)

1974年生まれ。東京大学法学部卒。博士(法学)。東京大学法学部助手、東京都立大学法学部助教授(首都大学東京法学系准教授)、東京大学社会科学研究所准教授を経て2014年4月から現職。主な著書に『大隈重信と政党政治』(東京大学出版会)、『条約改正史』(有斐閣)、『〈嘘〉の政治史』(中公選書)など。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです