メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

武田良太総務大臣にこそこそ逃げられた

[234]『街の灯』生オーケストラ、武田総務大臣会見、オンエア中に東北で地震……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

首相記者会見がNHKの7時のニュース時間帯に

3月18日(木) 「神奈川大学評論」の最終校正。米アトランタ州でアジア系マッサージ店が銃を持った男に襲撃され8人が死亡。うち4人が韓国系アメリカ人。アジア系に対するヘイトクライムか。

 社主の中里英章さんが急死された出版社・七つ森書館の件で幾つか困ったことがある。保管いただいていた著書150冊くらいが行方不明になってしまっている。手を尽くして探すが……。

もう入手困難になってしまった本拡大もう入手困難になってしまった『漂流キャスター日誌』(七つ森書館)=撮影・筆者

 あしたの武田良太総務大臣の取材の準備。Kディレクターより連絡あり。朝早くからの取材になるか。19時から、首相記者会見。冒頭「埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県について、3月21日をもって緊急事態宣言を解除することを決定いたしました」と。極論すると、これがすべて。あとは本当に空疎な内容の記者会見だった。

 問題は時間設定である。NHKの夜7時のニュース時間帯にもろにぶつかる形で設定されたので、延々と1時間をはるかに超えてNHKは通常ニュースを全部ぶっ飛ばして会見を中継していた。首相記者会見は、言うまでもなく、数あるニュースのなかのone of themである。今後、この19時からという時間設定が固定化されるたびにNHKは電波ジャック状態になるのだろうか。

 22時49分、河井克行被告が議員辞職の方向との速報。何があったのだろうか。徹底抗戦から全面撤退への転換。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る