メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ロックダウンのフランスでマクロン再選に赤信号。ワクチンで挽回できるか?

世論調査で支持を伸ばす国民連合のルペン党首。フィリップ前首相の人気も上がり……

山口 昌子 パリ在住ジャーナリスト

もうひとりの“ライバル”、フィリップ前首相

 マクロンにとって頭が痛いのは、ルペンのほかにも「コロナ」で支持率が上昇した“ライバル”がいることだ。

・・・ログインして読む
(残り:約1681文字/本文:約4448文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) パリ在住ジャーナリスト

元新聞社パリ支局長。1994年度のボーン上田記念国際記者賞受賞。著書に『大統領府から読むフランス300年史』『パリの福澤諭吉』『ココ・シャネルの真実』『ドゴールのいるフランス』『フランス人の不思議な頭の中』『原発大国フランスからの警告』『フランス流テロとの戦い方』など。

山口 昌子の記事

もっと見る