メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ケリー「有罪」判決は法と論理ではなく「主観」「政策判断」によって導かれた(下)

ゴーン氏の逃亡を正当化しかねない日本の刑事裁判の「異常」

郷原信郎 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士

ケリー「有罪」判決は法と論理ではなく「主観」「政策判断」によって導かれた(上) ゴーン氏「人質司法」批判は言いがかりか?より続きます。

東京地裁に入る日産自動車の元代表取締役グレッグ・ケリー被告(左)= 2022年3月3日 拡大東京地裁に入る日産自動車の元代表取締役グレッグ・ケリー被告(左)= 2022年3月3日

取締役の報酬総額の上限との関係

 まず、(A)の「総報酬」と、株主総会で決められた取締役の報酬総額の上限との関係である。「総報酬」が全額ゴーン氏に支払われた場合、既に他の取締役に支払われた金額と合計すると、2016年度と2017年度においては、株主総会で決められた取締役の報酬総額の上限の29億9000万円を超過することになる。このような、株主総会で承認された範囲を超える取締役の報酬の決定は、会社法に違反し、違法・無効となるが、それでも、有価証券報告書に記載して開示する義務があるのか、という問題である。

 この点について、会社法の権威の田中亘東京大学教授が弁護側証人として出廷し、

「有価証券報告書で開示すべき役員の報酬額等とは会社法上適法有効なものであることが前提となるところ、株主総会で定めた上限額を超える報酬額等の決定は、少なくとも超過分については会社法上違法無効であり、当事業年度に係る取締役等の報酬額等とはえいないので、有価証券報告書において報酬等として開示すべき義務はない」

 と証言している。

 判決は、「株主総会で定めた上限額を超えてなされた報酬等の決定は、同項の規定に反することとなり、会社法上は無効といわざるを得ない」と認めた上で、

 (ア) 違法無効な取締役の報酬等の決定がなされても、事後的に株主総会の決議によって当初より適法有効なものであったのと同様に取り扱うことはあり得るので、株主総会で定めた上限額を超える取締役の報酬等の決定がなされたとしても、事後的に当初より有効なものであったのと同様に取り扱われる余地はある。

 (イ)会社法が会社全般を対象とし、現在の株主や会社債権者の権利保護を重視しでいるのに対し、金商法は、有価証券を発行している上場会社を念頭に、現在のみならず将来の株主を含む投資者全般の保護もその立法趣旨・目的としており、有価証券報告書による開示規制の問題は、まずは金商法及び開示府令の立法趣旨・目的に沿って考えられるべきである。

 (ウ)開示府令において役員の報酬等の額が有価証券報告書における開示の対象とされているのは、投資者が投資判断を行うに当たっては、会社の財務情報のみならず、その背景にある会社のガバナンスの状況についての情報も重要な要素となるからであり、役員報酬個別開示制度が導入されたことによって、会社の業績と 個別の取締役の報酬額とのバランスや取締役間の報酬額の偏りの有無等の、会社のガバナンスの状況に関わる情報として、取締役の報酬等の決定過程とその結果(報酬等の額等)をそのまま開示することが、金商法及び開示府令の立法趣旨·目的に適う。

 (エ)自ら違法なことをしておきながら、会社法上適法有効なものでなければ開示する必要がないとして、違法無効と思われる取締役の報酬等について開示する義務を免れられることになれば、その違法を糊塗することを許すこととなり、投資者の保護を図る金商法等の立法趣旨・目的を没却する。

 などと述べて、「株主総会で定めた上限額を超えてなされた報酬等の決定」についても開示義務があるとしている。

 しかし、(ア)の「事後的に株主総会の決議によって当初より適法有効なものであったのと同様に取り扱うことはあり得る」としても、事後的に総会決議があるまでは違法・無効で、報酬を受領する権利はないのであるから、総会決議があった時点から開示義務が生じると解するべきである。

 (イ)(ウ)の法律の趣旨についての理解は、その通りだとしても、現実に受領しておらず、実際に受領しようとしても、会社法上違法・無効で支払を受けることができない「違法・無効な決定」を有価証券報告書に記載して開示することに、一体どのような意味があるのであろうか。そのような「違法・無効な決定」を、現実に受領した報酬と同様に扱って開示すると、投資家は株主総会での承認額と役員報酬の開示額のいずれを信じたらよいのかわからず、混乱をきたすことになる。

 また、(エ)は、違法に得た報酬についても所得税の申告義務は免れないのと同様に考えているのかもしれないが、合法・違法を問わず現実に得た所得に課税されるということと、会社について正確な情報を投資家に提供する金商法上の開示義務とは全く異なる。

 しかも、実際に、「株主総会で定めた上限額を超えてなされた報酬」を開示するなどということは、株主総会や開示に関する会社の実務としてあり得ない。(A)の「総報酬」全額について開示義務があると解したとしても(B)の「総報酬」全額が、当該取締役の報酬として開示されることは現実にはあり得ない。それは、(A)の「総報酬」を、そのまま当該年度に開示すべきとすることの不合理性を、端的に表しているのである。

 会社法の権威である田中教授の「当然の見解」をも無視してまで、ゴーン氏の「未払いの報酬」について開示義務を認める判決の姿勢は、異常としか言いようがない。

>>この記事の関連記事はこちら

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

郷原信郎

郷原信郎(ごうはら・のぶお) 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士

1955年、島根県生まれ。東京大学理学部卒。東京地検特捜部、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官などを経て、2006年に弁護士登録。08年、郷原総合コンプライアンス法律事務所開設。これまで、名城大学教授、関西大学客員教授、総務省顧問、日本郵政ガバナンス検証委員会委員長、総務省年金業務監視委員会委員長などを歴任。著書に『告発の正義』『検察の正義』(ちくま新書)、『「法令遵守」が日本を滅ぼす』(新潮新書)、『思考停止社会─「遵守」に蝕まれる日本』(講談社現代新書)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

郷原信郎の記事

もっと見る