メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

高レベル廃棄物処分の合意形成の道を欧州に学んだ女性たち

高橋真理子

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

原子力を利用したら避けて通れないのが、高レベル放射性廃棄物の処分である。日本で商用の原子力発電が始まって48年、「電気のごみ」はたまり続けているが、日本のどこに最終処分場をつくるか、まったく目途がたたない。
拡大出版記念会で挨拶する北野大・明治大学教授。左の女性が崎田裕子さん。後ろに近藤駿介原子力委員会委員長の姿も見える=提供写真

 スウェーデンでは2009年に最終処分地が決まった。フランスでは4カ所の候補地が公表された。いったい地元ではどんな話し合いがあったのだろう? 疑問に思った女性たちが09年夏に1週間の現地視察を敢行、その顛末を「電気のごみ-地層処分最前線を学ぶたび」(リサイクル文化社、1600円)にまとめた。11年1月13日に ・・・ログインして読む
(残り:約1829文字/本文:約2087文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る