メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 依然として余震が続き、東北地方の被災者たちの生活は苦境におかれたままである。福島の原子力発電所もいまだ十分に制御できていない(4月4日現在)。「想定外」という言葉がいたるところで聞かれる。今回の地震は、われわれに何を突きつけているのであろうか。

 近代の地震学を生み出したと言われるのは、1755年11月1日に起こったリスボン大地震である。リスボンを中心にイベリア半島全体を襲ったこの地震は、リスボン市街をほぼ完全に破壊し、火災そしてその後に大津波を引き起こした。死者は1万人とも4万人とも言われる。

 この地震の大惨事に衝撃を受けた啓蒙思想家のヴォルテールは、当時の流行の神学である「神の摂理」を強烈に批判する詩篇や作品を発表したのであった。作品として有名なのが『カンディード』である。

・・・ログインして読む
(残り:約2823文字/本文:約3166文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小林傳司

小林傳司(こばやし・ただし) 小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

【退任】大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授。専門は科学哲学、科学技術社会論。市民参加型テクノロジーアセスメントである「コンセンサス会議」を日本に紹介して実施した。2001年、科学技術社会論学会の設立に参加した。09年、地球温暖化をめぐる世界市民会議World Wide Viewsの日本代表を務める。※2012年3月末退任

小林傳司の記事

もっと見る