メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「謝罪文化」の根深さを見せつけられた小保方氏の記者会見

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

 日本人はすぐ謝るが、欧米人(あるいは中国人)は簡単には謝らない。よく聞く話である。実際、記者会見を開く日本人たちはしばしば深々と頭を下げる。そして、それを見た人は、謝罪したことを評価し、すべてを水に流してしまう。「謝れば許してもらえる」というのが日本文化なのだろう。だから、水に流してもらいたいがために誰もがすぐ謝る。しかし、それでいいのか。小保方晴子さんの4月9日の記者会見を見て痛感したのは、そのことだった。

拡大会見で頭を下げる小保方晴子さん

 2時間半に及ぶ小保方さんの記者会見のポイントは3つあった。(1)不注意、不勉強、未熟さを謝った(2)理化学研究所調査委員会に対し「十分な聞き取りをしてもらえなかった」と不満を訴えたものの、理研や調査委員会、共同研究者に非難の言葉を一つも投げなかった。逆に、自分の至らなさのせいで「皆さんにご迷惑をかけた」とわびた(3)泣いた。

 謝り方としては、完璧だ。とくに私が感心したのは(2)だった。人のせいにしていない。責任逃れをせず、自分が悪かったと言っている。これは目上の人間からすれば、非常に好ましく映る点だ。とくに共同執筆者である笹井芳樹副センター長が公の場で発言していない段階で、彼女が1人で「私の間違いでした」と謝ったことに「立派だ」という声が出ても不思議ではない。いや、私もそこは「立派だ」と思った。

 (3)については、謝り方として良かったのかどうかは、よくわからない。同情心をかき立てられた人も大いにいただろうが、興醒めした人、「これでは仕事人として失格」と思った人もいる。

 ともあれ、彼女は記者会見で謝った。理研の幹部も謝ったが、地位の高い人々がずらりと頭を下げるのと、若い女性が1人で頭を下げるのでは印象はかなり違う。「不憫」という感情が多くの人の心にわき上がったことだろう。ネットにあふれたコメント類を見ると、ずいぶん多くの人が「説明に納得した」「小保方さんを信じる」「がんばって研究を続けて」「小保方いじめはいい加減にやめてほしい」などと小保方さんを擁護している。「STAP細胞が確認されたら、いま小保方さんを非難している人たちは謝るんでしょうね」などという声もある。一方で、科学界から出てくるのは、「何ら疑問点は明らかにされていない」「研究不正があったことは否定できない」といった厳しい声だ。

 なぜこれほど落差があるのか。普通は科学の研究とはどういうものか知らないからだと思う。「不注意」も「不勉強」も「未熟さ」も、省みれば誰しも自分にもあることだと思い当たる。それを潔く認めて謝ったのだから、もういいじゃないか、というのが、ごく平均的な感想なのだろう。

 しかし、 ・・・ログインして読む
(残り:約1254文字/本文:約2358文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る