メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

米国のドキュメンタリー番組が描く気候変動と社会

「危険な時代に生きる(Years of Living Dangerously)」

江守正多 国立環境研究所 地球環境研究センター副センター長

 NHK BS1深夜24時からの「BS世界のドキュメンタリー」で、3月2日から「危険な時代に生きる」というアメリカのドキュメンタリー番組が放送される。原題は”Years of Living Dangerously”。CBS系のテレビネットワークShowtimeが制作したもので、昨年4月に公開され、エミー賞を受賞している。

 内容は、ハリソン・フォードやアーノルド・シュワルツェネッガーといった著名人が、世界中で起こる気候変動の影響と、そこに関わる人々をレポートするものだ。こう聞くと、一部の人たちからは、「いつぞやのアル・ゴアの映画よろしく、またぞろリベラルの連中が気候変動の危機を煽る映像を作ったか」という反応が返ってくるだろう。そういった評価がまったく当たっていないわけではないが、このドキュメンタリーの作りはもう少し深い。

国連気候サミットを前に約30万人がデモ行進で温暖化防止を訴えた=2014年9月21日、ニューヨーク、小林哲撮影 拡大国連気候サミットを前に約30万人がデモ行進で温暖化防止を訴えた=2014年9月21日、ニューヨーク、小林哲撮影

 実は、第1回がYouTubeでプレミア公開されており、無料で視聴できる。 ・・・ログインして読む
(残り:約1580文字/本文:約1995文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

江守正多

江守正多(えもり・せいた) 国立環境研究所 地球環境研究センター副センター長

1970年神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。1997年に国立環境研究所に入所し、気候変動リスク評価研究室長などを経て現職。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル第5次評価報告書主執筆者。2012年に日本気象学会堀内賞受賞。著書に「異常気象と人類の選択」等。

江守正多の記事

もっと見る