メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

化学賞は「次世代シーケンサー」と読む

DNAの塩基配列を超高速で読み取る道具は文句なしに画期的

高橋真理子 ジャーナリスト、元朝日新聞科学コーディネーター

 予想が難しいと定評のある化学賞で、2019年はリチウムイオン電池、2020年はゲノム編集と、大本命の「わかりやすい」受賞が続いた。2021年は再び「わかりにくい」路線に戻るのだろうか。ここは引き続き「わかりやすい」受賞になると予想する。何のことはない、そう仮定しないと「予想は無理」の世界に舞い戻って、この記事も書けなくなってしまうからである。

3年連続「わかりやすい」路線なら、次世代シーケンサー

拡大大阪大微生物病研究所にある次世代シーケンサー=2021年4月
 で、今年のノーベル化学賞が「わかりやすい」路線とすれば、ずばり、次世代シーケンサーが受賞するだろう。シーケンサーはDNAのA(アデニン)、T(チミン)、C(シトシン)、G(グアニン)の4種類の塩基の配列を読み取る機械だ。塩基配列は「生命の設計図」とも呼ばれ、これを読み取ることによって進化の謎や病気の謎のあれこれが解かれてきたのはご存じの通りである。そして、これからもDNAの配列読み取りの利用がどんどん広がっていくのは確実だ。

 かつては塩基配列を読み取ろうとすると大変な時間とお金がかかった。それが「次世代」の装置が開発されて年々スピードアップと同時にコストダウンが進み、医学をはじめとする生命科学に革命をもたらしているのだ。新型コロナウイルスの変異をいち早く追跡できるのも、次世代シーケンサーのお陰である。

ミレニアム技術賞とブレークスルー賞が相次いで授賞

 次世代シーケンサーの意義の大きさは生命科学者であればだれもが認めるところである。ところが、この装置には異なる人が開発した複数の技術が使われており、誰を開発者とすべきなのかの判定は簡単ではなかった。そこに決着をつけたといえるのが、フィンランドが出すミレニアム技術賞とグーグルやフェースブックの創設者ら起業家がつくったアメリカのブレークスルー賞だ。

・・・ログインして読む
(残り:約1875文字/本文:約2632文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) ジャーナリスト、元朝日新聞科学コーディネーター

1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)、編集委員を経て科学コーディネーターに。2021年9月に退社。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高橋真理子の記事

もっと見る